貿易保険とは

STEP.1 5分で分かる貿易保険

  1. 1. 貿易保険とは?

    海外バイヤーとの輸出・投資・融資を行う本邦企業のリスクに備える保険です。
    例えば、次のような事態による損失をカバーします。

  2. 2. どんな企業が貿易保険を利用できるの?
    ※平成26年に法律が改正され、日系企業の海外子会社や海外支店が直接の利用者となることも可能になりました。しかし、現地法による利用規制がある国が多いため、そのような規制に抵触しない範囲・方法に限られます。

    ※ ご利用できないケース

    お客様のお取引先等が保険の条件に合わないケース

    カントリーリスクやお取引先の信用リスク(財務内容等)によって、保険の条件を満たしていない場合はご利用いただけないケースもございます。

    ※条件を満たしていない場合でも案件を個別に審査した結果、ご利用可能になるケースもございます。
  3. 3. 貿易保険を検討するきっかけは?
  4. 4. 貿易保険事故の事例
    • バイヤーが業務拡大に失敗して倒産した

      お取引の内容

      日本製造は、長期にわたりバイヤー向けにOEM(相手先ブランド製造)商品を供給していた。
      取引当初は信用状(L/C)決済であったが、HK公司からの申し出により、船積後送金(T/T)決済へと決済方法が変更された。
      T/T決済となる場合に、決済にかかるリスクをヘッジするため、「中小企業・農林水産業輸出代金保険」を利用していた。

      事故内容

      順調に取引が継続していたが、HK公司は中国本土での急速な業務拡大により資金繰りに詰まり、破産手続きを申請した。
      現地裁判所により破産手続きの申請が開始され、代金の回収が見込めない状況となったため、日本製造は保険金請求を行い、NEXIは保険金約800万円を支払った。

    • バイヤーが貨物の船積前に倒産した

      お取引の内容

      本製造は日用品メーカーであり、継続的にGerman CO.からの定期的な発注を受け、ブランド名入り商品を製造し、輸出していた。決済条件は船積み日後120日目支払手形引受け書類渡し(D/A at 120days after B/L date)であり、信用状態に不安を感じる取引先については「貿易一般保険(個別)」 を利用していた。

      事故内容

      これまで順調に取引を継続していたが、貨物の船積前にGerman CO.から突然理由の説明もなく船積延期の依頼を受けた。早期の船積指示を督促していたところ、突然現地裁判所から任命された管財人によって、German CO.に対する破産宣告が行われたとの通知を受けた。
      日本製造は管財人に対して貨物の引取りを要望したが受け入れられなかった。ブランド名が入っている商品のため転売も困難であり、結局、日本製造はこの商品を廃棄処分とせざるを得なかった。
      日本製造は、損失となった商品の製造原価分の保険金請求を実施し、NEXIは保険金約250万円を支払った。

ご不明な点はこちらまで

電話受付時間:月曜~金曜 9時~12時、13時~17時30分(祝祭日・年末年始を除く)

  本店 営業第一部 お客様相談窓口 大阪支店 お客様相談窓口
フリーダイヤル 0120-672-094 0120-649-818
電話番号 03-3512-7610 06-6233-4019
本ホームページにおけるご注意点

こちらは、保険商品の概要について紹介したものです。詳細は保険約款によりますが、ご不明な点がありましたら、日本貿易保険までお問い合わせください。ご契約に際しては、ご契約手続き時にご確認いただきたいことや保険金をお支払いできない場合等を必ず約款、重要事項説明書でご確認ください。