保険金支払事例

2.貿易取引-船積後

(1) ~内乱により損害が発生したケース~

<事故原因>北アフリカのB国で内乱が発生し、銀行機能が停止。
輸出した貨物代金が支払手段の途絶により回収不能となった。
(非常リスクによる代金回収不能)

(2) ~外貨送金許可が下りず損害が発生したケース~

<事故原因>中米のC国向けに貨物の輸出を行ったが、外貨不足を理由に中央銀行の送金許可が下りず、代金回収が不能となった。
(非常リスクによる代金回収不能)

(3) ~バイヤーの資金繰り悪化により損害が発生したケース~

<事故原因>北東アジアD国のバイヤー向けに貨物を輸出したところ、現地の為替変動に起因してバイヤーの資金繰りが悪化、決済期日より3ヶ月経過後も代金の返済がなされなかった。
(信用リスクによる代金回収不能)