情報公開制度

開示請求書の記載方法

1.「氏名又は名称」「住所又は居所」
 個人で開示請求される場合は、開示請求される方の氏名及び住所又は居所を、法人その他の団体の場合にあっては、その名称と代表者の氏名及び所在地を記載してください。氏名にはふりがなの記載をお願いします。
 なお、押印の必要はありません。
 ここ(開示請求書)に記載された氏名及び住所により、開示決定通知等を行うことになりますので、正確に記入願います。
 また、連絡を行う際に必要となりますので、電話番号も記載してください。
2.「連絡先」
 「氏名又は名称」欄に記載された本人と異なる方が連絡先となる場合には、その連絡担当者の住所、氏名及び電話番号を記載してください。なお、氏名にはふりがなの記載をお願いします。
3.「請求する法人文書の名称等」
 開示を請求する法人文書について、その名称、お知りになりたい情報の内容等をできる限り具体的に記載してください。
 原則として、開示請求に係る法人文書1件ごとに一枚ずつ、開示請求書を作成してください。
4.「求める開示の実施の方法等」
 請求される法人文書について開示決定等がされた場合に、開示の実施の方法や事務所における開示を希望される場合の希望日について、現時点での御希望がありましたら記載してください。
  なお、この「開示の実施の方法等」については、開示決定後に提出していただく「法人文書の開示の実施方法等申出書」により再度申し出ることができます。
5.「開示請求手数料の納付方法」
 所要の開示請求手数料の納付方法(銀行振込又は現金(現金書留を含む))について、選択のうえ記載してください。
ページの先頭へ