用語集

格付

「格付」とは、バイヤー等の形態や調査の状況、信用状態等を2桁のアルファベット(例えばEE)にて表示したもので、「海外商社名簿」に掲載されているバイヤーに付されています。
格付の左側のアルファベットは、形態や調査の状況に企業等)、S(SECURITY;銀行等)、P(PROVISIONAL;信用状態等が不明により格付が確定できない企業等)に分けています。格付の右側 のアルファベットは、バイヤー等の信用状態等を表しており、『与信管理区分』と信用状態の悪化に応じて管理する『事故管理区分』があります。例えば、『EE格』の場合、左側Eは「ENTERPRISE;民間企業等」、右側の『E』は、『EXCELLENT』を表しています。『事故管理区分』の場合、右側のRは、『REMARKS;債務不履行』(GR格、ER格、SR格)、またBは、『BANKRUPTCY;破産、保険金支払等』(GB格、EB格、SB 格)を表しています。
貿易一般保険(「2年未満案件」)、貿易代金貸付保険(「2年未満案件」)、限度額設定型貿易保険、中小企業・農林水産業輸出代金保険、輸出手形保険、前払輸入保険のバイヤー等の「信用危険」の引受について、NEXIは、原則、契約の相手方・バイヤー等の「格付」を一つの基準としています。

ページの先頭へ