用語集

個別保証枠

貿易一般保険個別保険(「2年未満案件」)、中小企業・農林水産業輸出代金保険及び輸出手形保険において、輸出契約等の相手方・バイヤーの「格付」が、「海外商社名簿」においてEE格、EA格、EF格又はEM格の場合、NEXIは、バイヤー毎に「信用危険」による「代金等回収不能」に係わるてん補責任の上限額である「個別保証枠」を設定し、保険関係の成立を管理しています。従い、輸出者等は、個々の輸出契約等の締結のたびに、契約金額が個別保証枠残高の範囲内であるか確認することが必要であり、「個別保証枠」に残枠がない場合は、保険契約の締結ができません。保険契約の締結を確実にするため、輸出者等は、事前に契約金額について、NEXI本店又は大阪支店に「個別保証枠」の確認申請を行い、『個別保証枠確認証』(有効期間3月)を取得することができます。
なお貿易一般保険個別保険(「2年未満案件」)では、輸出契約等の決済方法が適格な銀行による信用状(L/C)による場合は、個別保証枠外での引受となり、「個別保証枠」の確認等は必要ありません。