債権国会合(パリクラブ)

パリクラブ合意までの流れ

債務国の対外債務返済が滞り、支払困難に陥っていると懸念される場合、パリクラブ一般概観会合で取り上げ、債権国間で債務国の支払見通しや債務救済措置要請の可能性等について情報交換を行います。(一般概観会合で取り上げられた場合でも、必ずしもリスケ会合に直結するわけではありません。債務救済措置が不要と結論づけられる国もあります。)

債務国がいよいよIMFからの融資を受ける際には、マクロ経済改革や構造調整を実施するプログラムを策定し、IMFと合意することが必要です。IMFは債務国の対外債務返済を含む国際収支の健全性を回復するよう、債務国のプログラムを検討します。

IMFプログラムがIMF理事会に諮られる前に、IMFからパリクラブに対し、パリクラブにおいて一定の措置を実施することの同意が求められ、これにパリクラブが同意することを、パリクラブのIMFプログラムに対する「資金保証」(finance assurance)と呼称しています。IMFでのプログラム合意を前提に、パリクラブでは債務返済に係る支援が必要か、必要な場合はどの程度支援すればよいかを検討し、IMFに対して資金保証を行い、IMFプログラムがIMF理事会で承認された後、パリクラブでリスケ会合の開催を決定します。

パリクラブのリスケ会合では、対象債権、カット・オフ・デート、繰延対象期間等、債務救済の大枠を決定し、これを文書化した合意議事録(Agreed Minutes, AM)に署名します。なお、リスケ会合には、IMFもオブザーバーとして出席しています。これは、債務国の国際収支の健全化に効率的に貢献する合意を形成するためには、IMFとパリクラブと緊密な関係が不可欠だからです。

(注)カット・オフ・デート

リスケの対象債権を決める基準日。この基準日以前に契約された債権がリスケの対象となる。

ページの先頭へ