債権国会合(パリクラブ)

パリクラブ合意後の流れ

パリクラブでの合意議事録(Agreed Minutes, AM)の合意内容は基本的な繰延条件を決めただけのものであり、繰延金利をはじめ詳細な内容は二国間で定める必要があります。このため、参加債権国はパリクラブの合意議事録に従い、債務国と二国間の国際約束である交換公文(Exchange Note, E/N)を締結のため、二国間交渉を行います。

日本が二国間交渉を行う際には、貿易保険の付保債権についてはあらかじめ被保険者の皆様に債権額の確認をお願いし、権利行使等の委任状をご提出いただきます。

ページの先頭へ