与信管理
取引先(バイヤー等)の信用状態の審査

与信管理全般に関するご不明点はこちらにお問い合わせください
(手続関連のご質問は「各種手続き」をご参照ください。)
月曜~金曜 9時~12時、13時~17時30分
(祝祭日・年末年始を除く)
本店 営業第一部 お客様相談窓口  フリーダイヤル 0120-672-094
大阪支店 お客様相談窓口 フリーダイヤル 0120-649-818

取引先の信用状態の審査

お客様の取引先(以下、バイヤー等)の信用リスクを引き受けるにあたり、事前にバイヤー等の信用状態の審査を行い、NEXIの与信審査基準による「格付」を設定致します。
この格付により、当該バイヤー等が、信用リスクを引き受けられる相手先であるかどうかが決まります。

バイヤー等の与信審査は、信頼出来る調査機関の信用調査書及び原則通年決算期2期以上の財務諸表を基に行います。

尚、信用調査報告書等の資料は、原則、お客様からご提示頂いておりますが、NEXIにご依頼頂くことも可能です。(ご依頼者実費負担)

海外商社名簿

お客様のご依頼により、前述の与信審査を行うことを、「海外商社登録」と言い、格付を設定したバイヤー等を、NEXIが国別に登録・管理している名簿のことを「海外商社名簿」と言います。

一度登録されたバイヤー等は、貿易保険を引き受ける際に適正な与信状態となるよう、原則、年1回、信用状態の再審査を行います。
また、一定期間、貿易保険の利用がないバイヤー等は、海外商社名簿から削除致します。(スリーピングバイヤー)
従い、貿易保険を申し込む際は、必ず、最新の登録状況をご確認下さい。

海外商社コード

海外商社名簿にバイヤー等を登録する際の管理コードを「海外商社コード」と言い、国コード+6桁+枝番で構成されます。このコードは、格付や保証枠残高のお問い合わせ、各種貿易保険の申込書への記入などに使用します。

※ お問い合わせの際は、国コードと合わせてご連絡下さい。

海外商社格付

海外商社格付は、2桁のアルファベットの組み合わせで構成されており、左側がバイヤー等の形態を表し、右側が信用状態を表します。
バイヤー等の形態は、以下の4つに区分されます。

※詳細は、規程集「海外商社名簿について」又はパンフレット「与信管理」をご参照下さい。

PU格(与信審査を行わない格付)について

信用危険の付保を希望しない取引(例えば、カントリーリスクの高い国向けの自社子会社との取引など)は、取引先の与信審査をせずに保険を申し込めることになりますが、各保険の申込手続上、当該契約の相手先の海外商社コードだけは設定しておかないと、保険の申込が出来ません。

このように、『与信審査を行わなくて良い』バイヤーの、名称と住所のみを海外商社名簿に登録する場合は「PU格」(=信用状態不明な者)となります。

尚、NEXIではお客様が信用危険の付保を希望しているかどうかを判断出来ないため、「PU格」登録の場合も、お客様から申請頂くこととさせて頂いております。