トピックス

モザンビークの引受方針の変更


2017年3月24日

独立行政法人日本貿易保険(NEXI)

 独立行政法人 日本貿易保険(NEXI)は、今般、モザンビーク(国コード:545)の引受方針の変更をいたします。

 昨年4月の非開示債務の発覚以降、IMFの支援プログラムの停止、財政支援を含めたドナー国から支援停止が継続し、同国の財政は非常に厳しい状況が続いており、特定債務の支払いが行われない事態も散発しています。
このような状況を踏まえ、ユーザンスが2年未満の保険の引受条件につきましては、以下のとおり変更いたします。

1.貿易一般保険の包括保険(各種組合包括保険、企業総合保険、技術提供契約等保険)
  •  これまで1件当たりの輸出契約等が5億円以下またはユーザンスが12ヶ月以下の案件を契約の対象としていましたが、これを1件当たり1億円、ユーザンスが6ヶ月以内の案件に変更いたします。これを越える案件について保険の申し込みを希望される場合には、個別に審査を行うこととなり、事前に内諾申請が必要です。なお、この場合、包括保険料率を適用します。

2.輸出手形保険
  •  お引き受けできる1件あたりの荷為替手形の金額の上限を0.5億円から0.1億円に、ユーザンスは12ヶ月から6ヶ月に変更いたします。

3.簡易通知型包括保険
  •  ユーザンス6ヶ月までの案件が引受の対象となります。

 なお、上記以外の貿易一般保険および貿易代金貸付保険につきましては、引き続き個別に審査の上、引受を行いますが、輸出契約等/貸付契約が1億円または、ユーザンスが6ヶ月を超える案件については事前に内諾の申請が必要となります。

 今回の変更に関する各保険種別の詳細についてはこちらをご覧ください。


【実施日(詳細は各保険種別の基準日をご覧ください)】
  個別保険  2017年3月27日
  包括保険  2017年3月31日

前のページへ戻る
ページの先頭へ