トピックス

イラン向け取引の保険契約の申込み等に係る事前確認のお願い


2018年5月14日

株式会社日本貿易保険(NEXI)

 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。また、平素より貿易保険業務に関し格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
 さて、報道等により、皆様ご承知のように、本年5月8日、米国政府によるイラン核合意からの離脱及びイラン向けの制裁(非米国人向けの二次制裁含む)復活の決定がなされました。これを受け、貿易保険の運営、手続等に関しまして、より一層皆様のご理解とご協力をお願いいたしたく、下記の通りご連絡申し上げます。

 

 イラン向けの全ての取引につきまして、事前に、米国政府による制裁の対象取引には該当しないこと、及び、資金決済の取扱い(買取、取立・決済等)が可能であることを十分ご確認の上、保険契約の申込みやその後の所要の手続(契約変更に伴う内容変更等)を行われますようお願いいたします。

<留意事項>

 資金決済の取扱いが可能であることの確認にあたっては、取引銀行への確認の事実ややりとりの内容のわかるものを残してください。
(事前に取引銀行に確認されることなく、保険申込みをされ、銀行から取り扱わないと言われた場合は、免責となる可能性があります。)

※上記はイランのみの対応であり、他国向けの取引に係る申込みについては、従前の通りといたします。

なお、今後のイラン情勢の変化を踏まえ、新たにお知らせする可能性がございます。

お客様各位におかれましては、対イラン取引を含め対外取引にあたり、法令をご遵守いただいているところと存じますが、昨今の情勢を踏まえ、一層のご注意を払われるようあわせてお願い申し上げます。

お問い合わせ先

◆本店

営業第一部 包括保険グループ 0120-675-094(フリーダイヤル)
お客様総合支援グループ 0120-671-094(フリーダイヤル)

◆大阪支店

営業グループ 0120-649-818(フリーダイヤル)

保険契約の申込み等におけるQ&Aは下記をご覧ください。

イラン向け取引の保険契約の申込み等におけるQ&A

Q1.取引銀行に事前確認をしたところ、取扱可能と回答を得たので、保険を申込もうと思います。銀行からの回答内容は申込時に提出する必要はありますか。
銀行の確約については、相談日、相談番号等、その内容がわかるものを銀行から入手してください。それら情報は保険申込時に提出いただく必要はありません。
万が一に保険事故が起きた際には、保険金請求時の必要書類と一緒にご提出いただきますので、お取引に関する他の書類とともに保管しておいてください。
Q2.輸出契約を締結する前に、取引銀行に資金決済の取扱いが可能であることを確認しました。今般、保険申込みに際し、再度取引銀行に確認しなくてはなりませんか。
イラン向けの取引については、取引銀行による資金決済の取扱いが可能であることを確認の上、保険申込みをしていただいています。輸出契約を締結してから保険申込みまで期間が空いている場合は、再度取引銀行に確認してください。
Q3.取引銀行に事前に確認せずに保険申込みをしました。
その後、取引銀行に確認したところ、本取引は取り扱わないと言われてしまいました。
イラン向けの取引については、事前に取引銀行にその取扱いが可能であることを確認の上、保険申込みをしていただいています。事前に取引銀行に確認されることなく、保険申込みをされ、銀行から取り扱わないと言われた場合は、免責となる可能性があります。
保険料の返還もできませんので、ご注意ください。
Q4.自社のイラン向け取引が、米国の対イラン制裁の対象に該当するかどうかがわかりません。
貴社の取引が制裁の対象に該当するかどうかについては、取引銀行等にご確認ください。
Q5.包括保険の申込みをしたいのですが、制裁の対象取引に該当しないこと、及び、資金決済の取扱いが可能であることの取引銀行への確認に時間がかかっています。保険申込期限を超過してしまった場合、申込みの遅滞に当たりますか。
事前の確認が十分なされていない場合、保険契約を締結しても免責となるため、確認ができ次第お申込みください。この場合、保険申込期限を超過していたとしても、申込みの遅滞には当たりません。

以上

前のページへ戻る
ページの先頭へ