トピックス

新年のご挨拶

新年のご挨拶_理事長
新年のご挨拶
新年のご挨拶

2013年1月1日
独立行政法人日本貿易保険
理事長 鈴木 隆史

新年あけましておめでとうございます。
旧年中は、貿易保険事業の運営に対して皆様から多大なるご支援とご協力を賜りましたこと、心より感謝申し上げます。日本貿易保険(NEXI)の役職員を代表いたしまして、新年のご挨拶をさせていただきます。


昨年は、ギリシャ、スペイン等に端を発した欧州債務危機が世界経済を大きく揺るがした年となりました。一方で、欧米の金融機関や輸出企業が苦境に立たされる中、海外の大型プロジェクトや貿易金融において、本邦企業の存在感がこれまで以上に大きく増した時期でもありました。特に、NEXIにとって過去最大の引受保険価額となった豪州LNGプロジェクトや、NEXI初の30年に亘る超長期支援案件となった英国の都市間高速鉄道プロジェクトに代表されるように、海外市場における本邦企業のプレゼンス拡大や、我が国エネルギー資源の安定確保の必要性増大に伴い、企業の対外取引におけるNEXIの果たす役割は、益々重要になってきているものと認識しています。


翻って国内市場においては、内需縮小や高水準に留まる円高が継続しており、海外市場に活路を求める本邦企業の動きが活発化しています。こうした流れを踏まえ、NEXIでは本邦企業による海外展開をさらに積極的に支援するべく、昨年もさまざまな施策に取り組んでまいりました。

中小・地域企業の海外事業展開支援では、新たに地方銀行8行との間で業務委託契約を締結し、NEXIを軸とした貿易保険の普及と利用促進のための「中小企業海外事業支援ネットワーク」を大幅に拡充いたしました。また、中小企業支援の専門部署として「中小企業支援・地銀等連携チーム」を設置し、提携金融機関との連携を通じて、中小・地域企業のニーズにきめ細やかに対応できる体制を整備しました。

ご提供する商品についても、中小企業輸出代金保険の保険料引き下げ等を行い、より多くの皆様にご利用頂けるよう利便性の向上を図ってまいりました。加えて、本邦中小企業の海外子会社向け短期運転資金の貸付について、国内銀行による保証を前提とした海外事業資金貸付保険を新設し、現地日系企業のニーズにより柔軟に対応できるよう商品性の改善にも取り組んでおります。

更に、海外日系企業の事業展開支援については、日系民間保険会社を通じたフロンティングスキームの強化に注力したほか、香港出口信用保険局(HKECIC)及びカナダ輸出開発公社(EDC)との再保険協定締結、インドネシア輸出保険公社(ASEI)との再保険協定改訂等、海外の輸出信用機関との間の協力関係をより強化することで、引き続き支援を行っています。

改めて足許の世界経済を俯瞰しますと、欧州危機の再燃懸念や米国の財政の崖、中国経済の減速等、依然として不透明な状況が継続していますが、2013年は、こうした事業環境下における我が国企業のさまざまなニーズに応えるべく、NEXIとって更なる変革が求められる年であると考えています。本邦企業の対外取引をより一層支援するために、今後とも機能的かつ効率的な貿易保険の運営を行って参る所存です。


皆様の御健勝・御多幸と事業の益々の飛躍をお祈りいたしますと共に、本年も引き続きご支援を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

前のページへ戻る