トピックス

アルジェリア/ソナトラック社向けLNG船傭船プロジェクトに対する
海外事業資金貸付保険引受の決定


2002年7月26日

独立行政法人 日本貿易保険(NEXI)

独立行政法人 日本貿易保険は、アルジェリアの国営石油・ガス公社であるソナトラック社が関わるLNG船の傭船プロジェクトについて、海外事業資金貸付保険(貸付金債権等)引き受けを決定しました。

本プロジェクトは、伊藤忠商事、商船三井、ソナトラック社及びヒプロック社(ソナトラック社のLNG船の運航子会社)が出資して特別目的会社を設立し、 当該特別目的会社がソナトラック社との間で20年間の長期傭船契約を締結し、145,000m3のLNG船を運航するものです。なお、LNG船は川崎重工 業によって建造されます。

日本貿易保険は、市中銀行(幹事行はクレディ・リヨネ銀行)が融資する約60百万米ドルに対して海外事業資金貸付保険(貸付債権等)を引き受け、非常危険及び信用危険を填補します。

本プロジェクトは、ソナトラック社が関わるプロジェクト・ファイナンス案件に対して、初めて日本貿易保険が保険引き受けを決定したもので、ソナトラック社向けNon-L/G案件(相手国政府の債務保証を有しない案件)としては3件目となります。

また、本プロジェクトにおいては、LNG船の特別目的会社に伊藤忠商事及び商船三井で50%の出資を行い、さらに商船三井がLNG船の運航に参画する 等、我が国企業の関与が深い案件です。本件が順調に進むことにより、将来、同様の形態でプロジェクトが組成され、我が国企業の海外事業展開を促進すること が期待されます。

 

(ご参考)

  1. 本邦関連企業
    伊藤忠商事(LNG船運航会社の出資(25%)、ファイナンス組成
    商船三井(LNG船運航会社の出資(25%)、LNG船の運航に参画)
    川崎重工業(LNG船の建造)


  2. 保険内容
    保険契約の内容 海外事業資金貸付保険(貸付金債権等)
    保険価額 元本約60百万米ドル+金利
    てん補範囲 非常危険及び信用危険
    付保率 非常危険:97.5%、信用危険:65%
    保険責任期間 約13年

以上

前のページへ戻る