トピックス

メキシコ/アルタミラIIプロジェクトに対する海外事業資金貸付保険引受の決定


2002年8月20日

独立行政法人 日本貿易保険(NEXI)

独立行政法人日本貿易保険は、メキシコ電力委員会が関わるアルタミラII495MW天然ガス複合火力発電所プロジェクトについて、海外事業資金貸付保険(貸付金債権等)を引き受けることを本年7月26日(金)に決定しました。

本プロジェクトは、三菱商事及びElectricite de France International(フランス電力公社Electricite de Franceの100%子会社)が出資して特別目的会社を設立し、当該特別目的会社がComision Federal de Electricidad(“CFE”日本語名:メキシコ電力委員会)との間で25年間の売電契約を締結し、電力を供給するものです。

日本貿易保険は、市中銀行(幹事行はCitibank,N.A.及びみずほコーポレート銀行)が融資する約80百万米ドルに対して海外事業資金貸付保 険(貸付金債権等)を引き受け、非常危険を填補します。本プロジェクトについては、メキシコ政府による行為に起因するCFEの売電契約に基づく不払い事由 を非常危険として填補しています。

本プロジェクトにおいては、特定目的会社に三菱商事が49%の出資を行う等、我が国企業との関与が深い案件であり、本件が順調に進むことにより、今後我が国企業の海外事業展開を促進することが期待されます。

 

(ご参考)

  1. 本邦関連企業
    三菱商事(特別目的会社への出資:49%)


  2. 保険内容
    保険契約の内容 海外事業資金貸付保険(貸付金債権)
    保険価額 元本約80百万米ドル+金利
    てん補範囲 非常危険
    付保率 非常危険:97.5%
    保険責任期間 約10年

以上

前のページへ戻る