トピックス

フィリピン/グローブ社
光ファイバーケーブル基幹ネットワークシステム構築プロジェクト向け
貿易一般保険引受の決定


2002年10月28日

独立行政法人 日本貿易保険(NEXI)

独立行政法人 日本貿易保険は、フィリピンの携帯電話会社であるグローブ社が行う光ファイバーケーブル基幹ネットワークシステム構築計画に対する本邦 金融機関からの融資に対して、本年10月8日に貿易一般保険の引受を決定しました。本日28日は本プロジェクトの融資契約締結日となります。

本件はフィリピンにおける携帯電話加入者の伸びが著しく、携帯基地局(セルサイト)間を結ぶバックボーンのトラフィックが増加してきており、また今後 も携帯電話及び情報通信に係る需要が飛躍的に増加することが見込まれることから、グローブ社が光海底ケーブルをメインとしたバックボーンを新設しようとす るものです。

今般、株式会社トーメン、富士通株式会社が機器の輸出並びに敷設を行い、日本貿易保険は、市中銀行(BNPパリバ銀行、スタンダードチャータード銀行 及びソシエテジェネラル銀行)が融資する約29百万ドルに対して貿易一般保険(中長期貸付契約)を引き受け、Non-L/G(相手国政府の債務保証を有し ない)ベースで非常危険及び信用危険をてん補します。日本貿易保険として、同社向けのNon-L/Gベースの非常・信用危険の引受はこれが初めての案件と なります。

 

(参考)

  1. 本邦関連企業
    株式会社トーメン
    富士通株式会社
    BNPパリバ銀行(東京支店)
    スタンダードチャータード銀行(東京支店)
    ソシエテジェネラル銀行(東京支店)


  2. 保険内容

保険契約の内容 貿易一般保険(中長期貸付契約)
融資形態 バイヤーズ・クレジット
融資先 グローブテレコム
融資金額 約72百万ドル
うち市中銀行分 約29百万ドル
てん補範囲 非常危険および信用危険
付保率 非常危険:97.5%、信用危険:50%
保険責任期間 約4年

以上

前のページへ戻る
ページの先頭へ