トピックス

フィリピン/PLDT社向け通信ネットワーク整備・拡充プロジェクト


2003年6月12日

独立行政法人 日本貿易保険(NEXI)

独立行政法人 日本貿易保険は、フィリピン最大の総合通信会社であるPhilippine Long Distance Telephone Company(PLDT社)が行う通信ネットワーク整備・拡充プロジェクトに対する本邦所在の金融機関からの融資に対して、海外事業資金貸付保険(貸付 金債権等)引き受けを本年6月9日に決定しました。昨日11日にマニラで融資契約の調印が行われました。

日本貿易保険は、市中銀行(共同幹事行は東京三菱銀行及びシティバンク)が融資する約56億円に対して海外事業資金貸付保険(貸付債権等)を引き受 け、Non-L/G(相手国政府の債務保証を有しない)ベースで非常危険及び信用危険をてん補します。

PLDT社は本プロジェクトを実施することによりデータネットワーク網の構築、拡充及び既存の固定通信設備の効率化を行うこととしています。今回の プロジェクトによりフィリピンの通信事情の改善が図られるとともに、デジダルデバイド(情報格差)の是正にも繋がり、引いては同国の経済・産業の発展に資 する案件です。

当社に対してはNTTコミュニケーションズ社が出資を行っており、本プロジェクトが順調に進むことにより、我が国企業の海外事業展開を促進するものと期待されます。

 

(参考)

  1. 本邦関連企業
    東京三菱銀行
    シティバンク、エヌ・エイ(東京支店)
    ソシエテ ジェネラル銀行(東京支店)
    UFJ銀行


  2. 保険内容

保険契約の内容 海外事業資金貸付保険(貸付金債権等)
保険価額 元本約56億円+金利
てん補範囲 非常危険及びPLDT社の信用危険
付保率 非常危険:97.5%、信用危険:50%
保険責任期間 5年

以上

前のページへ戻る