トピックス

イラン/本邦企業による肥料生産設備輸出への貿易一般保険の付保について


2004年4月 9日

独立行政法人 日本貿易保険(NEXI)

 独立行政法人日本貿易保険は、イラン政府が出資するNational Petrochemical Company (NPC) が実施する肥料生産設備の建設において、東洋エンジニアリング株式会社及び千代田化工建設株式会社による関連設備の輸出に関わる本邦からの融資に対して、 貿易一般保険を引き受ける決定をいたしました。国際協力銀行と市中銀行(香港上海銀行等)が融資する約210億円のうち約83億円に対して貿易一般保険を 付保します。

本プロジェクトは、同国保有の天然資源を原料に大規模肥料プラントを建設するもので、本プラントからの輸出拡大により外貨収益の向上を図ることを目的 としており、同国にとって重要なプロジェクトです。また、本案件の推進により、本邦エンジニアリング会社によるイラン向け石油化学プラントの輸出拡大にも 寄与します。

 

(参考)

  1. 本邦関連企業
    東洋エンジニアリング株式会社、千代田化工建設株式会社(輸出者)
    香港上海銀行東京支店、東京三菱銀行、ソシエテ・ジェネラル銀行東京支店


  2. 保険内容
 保険契約の内容 : 貿易一般保険(輸出代金貸付契約)
 融資形態 : バイヤーズ・クレジット
 融資先 : NPC
 融資金額 : 約210億円
 うち市中銀行分 : 約83億円
 てん補範囲 : イランの非常危険及びNPC社の信用危険
 付保率 : 非常危険97.5%、信用危険95%
 保険責任期間 : 約7年
前のページへ戻る