トピックス

フィリピン/レイテ・セブ海底ケーブル敷設プロジェクト向け貿易一般保険の契約締結について


2004年7月29日

独立行政法人 日本貿易保険(NEXI)

独立行政法人日本貿易保険(略称:NEXI、理事長:今野秀洋)は、フィリピン国営電力公社が行う、フィリピンセブ島・レイテ島間の海底ケーブル敷設プ ロジェクトにおいて、兼松株式会社・株式会社ジェイパワーシステムズが輸出する海底送電ケーブル及び変電機器納入に関わるファイナンスに対して貿易一般保 険の契約を締結しました。

本プロジェクトはフィリピン・セブ島における電力需要の増大に対応するため、レイテ島の電力をセブ島に送電するための海底ケーブル敷設(230KV×3)及び変電所を拡充するものです。

今般、兼松株式会社・株式会社ジェイパワーシステムズが海底送電ケーブル及び変電機器の輸出並びに土木・敷設工事を行い、日本貿易保険は市中銀行 (UFJ銀行、スタンダードチャータード銀行)が国際協力銀行と協調融資する約68億円のうち、市中銀行分約27億円に対して、非常危険・信用危険 100%の付保率で、貿易一般保険(中長期貸付保険)を引き受けます。(本プロジェクトにはフィリピン政府から支払い保証が出されています。)

本プロジェクトの推進により、本邦商社・メーカーが輸出する海底ケーブルの敷設することで、セブ島の電力需給の逼迫の解消、電力供給の安定化により、セブ島に進出している日本企業の事業活動への貢献も期待されます。

 

(参考)

  1. 本邦関連企業
    兼松株式会社
    株式会社ジェイパワーシステムズ
    UFJ銀行
    スタンダードチャータード銀行


  2. 保険内容
保険契約の内容 貿易一般保険(中長期貸付契約)
融資形態 バイヤーズクレジット
融資先 National Power Corporation
融資金額 約68億円
うち市中銀行分 約27億円
てん補範囲 非常危険及び信用危険
付保率 非常危険、信用危険とも100%
保険責任期間 約11年


以上

前のページへ戻る
ページの先頭へ