トピックス

メキシコ国営石油公社向け海外事業資金貸付保険の引受について


2004年12月13日

独立行政法人 日本貿易保険(NEXI)

独立行政法人 日本貿易保険は、メキシコ国営石油会社(Petroleos Mexicanos、以下「ぺメックス社」)が行う同国Ku-Maloob-Zaap("KMZ")油田の開発プロジェクトに関わる本邦金融機関からの融 資に対して、海外事業資金貸付保険の引き受けを決定いたしました。本プロジェクトの融資契約は、ニューヨーク現地時間の12月10日に締結されました。

ぺメックス社は、メキシコ政府が100%出資する国営石油会社であり、同社の原油生産量は世界第3位、原油埋蔵量は世界第8位と評価されています。メキ シコの国家収入の三分の一は、同社からの石油収入で占められ、ペメックス社の国家に対する寄与度は極めて高いと言えます。

KMZ油田開発は、同国最大のカンタレル油田に続く大型油田開発であり、メキシコ国における安定的なエネルギー供給の確保に貢献する、最重要国家プロ ジェクトと位置付けられています。本件は、日墨FTA合意後のメキシコ向け第1号案件でもあり、日墨経済関係の一層の強化にも資する意義深い案件と考え ています。

 

(ご参考)

  1. 融資参加金融機関
    東京三菱銀行(幹事銀行)
    三井物産
    カリヨン銀行
    サンパオロイミ銀行
    スタンダードチャータード銀行
    ソシエテ ジェネラル銀行
    ビー・エヌ・ピー・パリバ銀行
    香港上海銀行


  2. 保険内容
保険契約の内容 海外事業資金貸付保険(貸付金債権等)
融資先 Pemex Project Funding Master Trust
融資金額 US$300百万
てん補範囲 非常危険及び信用危険
付保率 非常危険:97.5%、信用危険:95.0%
保険責任期間 10年


以上

前のページへ戻る