トピックス

バーレーン王国/本邦企業による脱硫装置輸出への貿易一般保険の付保について


2005年2月 7日

独立行政法人 日本貿易保険(NEXI)

独立行政法人日本貿易保険は、バーレーン王国政府が出資するThe Bahrain Petroleum Company B.S.C.(Closed)(BAPCO:バーレーン国営石油会社)が実施する脱硫装置増設プロジェクトにおいて、日揮株式会社による関連設備の輸出に 関わる本邦からの融資に対して、貿易一般保険を引受けることを決定し、付保対象となる銀行団とBAPCOの間の融資契約が2005年2月7日に締結されま した。

本プロジェクトは、バーレーン王国における唯一の製油所であるSitra製油所に脱硫装置を増設しディーゼル油等を高品質(低硫黄)化するものです。製 品の品質向上・高付加価値化・環境配慮により国際競争力を強化することを目的とした、同製油所近代化プロジェクトの中核事業として実施される、同国にとっ て重要なプロジェクトです。

日本貿易保険は、国際協力銀行と市中銀行(ビー・エヌ・ピー・パリバ銀行東京支店(Global Agent)、香港上海銀行東京支店(幹事行)及びみずほコーポレート銀行)が融資する約311百万米ドルのうち約156百万米ドルに対して貿易一般保険 を付保します。また本件ファイナンスは、上述近代化プロジェクト全体を対象とした総額1,000百万ドルをイスラミック・リース融資、市中銀行融資と協調 するもので、我が国公的輸出信用機関(ECA)である国際協力銀行並びに日本貿易保険とイスラミック・リース融資が協調する初めての案件となります。本件 は同国向け中長期Non-L/G信用危険を填補する第一号案件であり、日本貿易保険はバイヤーズ・クレジット(バイヤーズ・クレジットとは、日本からの機 械設備等の輸入資金を、国際協力銀行と市中銀行が協調して輸入者に貸し付ける方式です)の活用により引続き本邦企業によるプラント輸出案件を金融面で支援 いたします。

 

(ご参考)

  1. 本邦関連企業
    日揮株式会社(輸出者)
    ビー・エヌ・ピー・パリバ銀行、香港上海銀行、みずほコーポレート銀行


  2. 保険内容
保険契約の内容 : 貿易一般保険(輸出代金貸付契約)
融資契約 : バイヤーズ・クレジット
融資先 : BAPCO
融資金額 : 約311百万米ドル
うち市中銀行分 : 約156百万米ドル
てん補範囲 : バーレーン王国の非常危険及びBAPCOの信用危険
付保率 : 非常危険97.5%、信用危険95%
保険責任期間 : 約10年8ヶ月


以上

前のページへ戻る
ページの先頭へ