トピックス

ブラジル/ペトロブラス・カンポス沖原油輸送(PDET)プロジェクトに対する
海外事業資金貸付保険の付保について


2005年3月 3日

独立行政法人 日本貿易保険(NEXI)

独立行政法人日本貿易保険は、ブラジル最大の石油企業であるペトロブラス社が関わるブラジル・カンポス沖の原油輸送プロジェクトに対する本邦金融機関からの融資に対して、海外事業資金貸付保険を引き受ける決定をいたしました。

本プロジェクトは、今後益々増産の見込まれるブラジル・カンポス沖の大型海底油田からの生産原油の輸送能力強化(シャトルタンカーによる国内製油所向け 輸送および海外輸出)を目的として、ペトロブラス社が原油収集のための海上プラットフォームを建設するプロジェクトです。本邦商社がブラジル国内に設立す る特別目的会社(本件借入人)が事業を推進し、調達資金は海上プラットフォーム、短距離海中パイプライン等の建設・取得資金の一部に充てられます。

ブラジル政府は、沖合油田を中心とするブラジル国内油田からの生産を拡大し、2006年までに原油の自給を達成することを目標としています。本プロジェ クトによる原油輸送能力強化は、ブラジル国内の製油所への原油供給路の確保のみならず、今後のブラジル・カンポス沖での油田探鉱・開発活動のさらなる拡大 に欠くことのできない、同国にとって極めて重要なプロジェクトです。

また、本件は三菱商事・丸紅が出資者として参加し、かつ、みずほコーポレート銀行が市中銀行団組成のリードアレンジャーを務めるなど、本邦企業の海外事業展開の観点からも極めて意義深いプロジェクトと言えます。

なお、ペトロブラス社向けNon L/G案件としては、2001年4月に独立行政法人として日本貿易保険が発足して以来、REFAP製油所の近代化プロジェクト、Espirito Santo州沖合ガス田開発プロジェクト、シャトルタンカープロジェクト、国内ガスパイプライン網整備プロジェクトに次いで、本件が5件目の引き受けとな ります。

 

(ご参考)

  1. 本邦関連企業
    三菱商事(特別目的会社への出資:60%)
    丸紅(特別目的会社への出資:40%)
    みずほコーポレート銀行(市中銀行団組成リードアレンジャー)


  2. 保険内容
保険契約の内容 海外事業資金貸付保険(貸付金債権等)
保険価額 元本327.6百万米ドル+利子
てん補範囲 ブラジルの非常危険およびペトロブラス社の信用危険
付保率 非常危険:97.5%、信用危険:50%
保険責任期間 約6年


以上

前のページへ戻る
ページの先頭へ