トピックス

ベトナム/カムファセメントプラント向け貿易一般保険の引受決定について


2005年3月28日

独立行政法人 日本貿易保険(NEXI)

独立行政法人日本貿易保険(略称:NEXI、理事長:今野秀洋)はベトナム・カムファセメントプラントプロジェクトにおいて、川崎重工業株式会社が輸 出する焼成設備の納入に関わるファイナンスにつき、貿易一般保険(中長期貸付契約)を付保することを決定いたしました。本件の協力商社は双日株式会社。

本プロジェクトは、ベトナム北部クアンニン省カムファー町カムタックにセメント一貫工場を新設するものです。

日本貿易保険は国際協力銀行と市中銀行(ビー・エヌ・ピー・パリバ銀行東京支店、ソシエテジェネラル銀行東京支店)が融資する約48億円のうち約19 億円に対して、非常危険・信用危険100%の付保率で、貿易一般保険(中長期貸付契約)を引き受けます。(本件は、ベトナム財務省保証付き案件です。)

本プロジェクトはセメントの需要ギャップを埋めるための国家重要プロジェクトとして同国で認知されており、また同国最大のプラント生産設備ともなる重要なプロジェクトであります。

 

(参考)

  1. 本邦関連企業
    川崎重工業株式会社
    双日株式会社
    ビー・エヌ・ピー・パリバ銀行東京支店
    ソシエテジェネラル銀行東京支店


  2. 保険内容
保険契約の内容 貿易一般保険(中長期貸付契約)
融資形態 バイヤーズ・クレジット
融資先 Vietnam Construction and Import Export Corp.
融資金額 約48億円
うち市中銀行分 約19億円
てん補範囲 非常危険及び信用危険
付保率 非常危険、信用危険とも100%
保険責任期間 約13年


以上

前のページへ戻る