トピックス

カザフスタン/Mynkuduk Uranium DepositのEastern Block
生産能力拡張プロジェクト海外事業資金貸付保険の引受について


2005年9月20日

独立行政法人 日本貿易保険(NEXI)

独立行政法人 日本貿易保険は、カザフスタンの国営原子力会社Kazatomprom社(以下「KAP社」)が行う、Mynkuduk地区Eastern Blockのウラン鉱山生産能力拡張プロジェクトへのみずほコーポレート銀行からの融資に対して、海外事業資金貸付保険を引き受ける決定をいたしました。 本プロジェクトの融資契約は、カザフスタン現地時間の本年9月13日に調印されました。

本プロジェクトから産出されるウランは、伊藤忠商事が一部を引取ることになっており、同ウランは本邦にも輸入される予定となっています。

ウランは、原子力発電に使用されるウラン燃料の原料としてわが国にとり重要である一方、その全量を輸入に依存しています。カザフスタンは、ウランの確認埋 蔵量が世界第二位でありながら、これまでわが国とのウラン取引実績が少なく、本プロジェクトを契機とした本格的なウラン取引開始によって、ウランの安定供 給確保と調達先の分散化がより一層推進されることが期待されます。本件の保険引受は、海外事業資金貸付保険を活用してエネルギー資源の安定供給確保を促進 するものとして、大変意義深いと認識しています。

 

(ご参考)

  1. 融資金融機関
    みずほコーポレート銀行


  2. 保険内容
保険契約の内容 海外事業資金貸付保険(貸付金債権等)
融資先 KAP社
融資金額 US$60百万
てん補範囲 非常危険及び信用危険
付保率 非常危険:97.5%、信用危険:95.0%
保険責任期間 10年



前のページへ戻る