トピックス

メキシコ/ペメックス社 メキシコ湾沖合油井掘削プロジェクト向け
貿易代金貸付保険の引受について


2005年9月30日

独立行政法人 日本貿易保険(NEXI)

独立行政法人 日本貿易保険(略称:NEXI、理事長:今野秀洋)は、日本海洋掘削株式会社がメキシコ国営石油会社(Petróleos Mexicanos、以下「ペメックス社」)へ供与する同社の半潜水型海洋掘削リグ(注)第五白竜及び技術者に拠る、同国メキシコ湾沖合での海洋油井掘削 サービスに関する本邦金融機関からの融資に対して、貿易代金貸付保険の引き受けを決定いたしました。同技術提供サービスの代金支払のために供与される国際 協力銀行と市中銀行(東京三菱銀行)からの総額41.1百万米ドルの融資のうち、市中銀行が融資する20.6百万米ドルについて貿易代金貸付保険を付保致 します。尚、本プロジェクトの融資契約は、2005年9月30日に締結しました。

ぺメックス社は、メキシコ政府が100%出資する国営石油会社であり、同社の原油生産量は世界第3位、原油埋蔵量は世界第9位と評価されています。メキ シコの国家収入の三分の一は、同社からの石油収入で占められ、ペメックス社の国家に対する寄与度は極めて高いと言えます。

本プロジェクトは、メキシコが将来的に安定したエネルギー供給を確保するため、メキシコ湾沖合における石油生産量の増加を目的として行われるものであ り、同国にとって非常に重要なプロジェクトです。本件はNEXI発足後初の本邦企業によるメキシコ向け石油上流開発関連バイヤーズ・クレジットであり、日 本とFTA合意国であるメキシコとの経済関係の一層の強化に資する、非常に意義深い案件と考えています。

NEXIはバイヤーズ・クレジットの活用により、引続き本邦企業による海外への輸出・技術提供案件を金融面で支援いたします。

(注)リグ:石油・天然ガスの試掘や生産をするための坑井を掘る掘削装置のこと。

 

(ご参考)

  1. 本邦関連企業
    日本海洋掘削株式会社(輸出者)
    東京三菱銀行


  2. 保険内容
保険契約の内容 貿易代金貸付保険
融資形態 バイヤーズ・クレジット
融資先 Pemex Project Funding Master Trust
融資金額 41.1百万米ドル
うち市中銀行分 20.6百万米ドル
てん補範囲 非常危険及び信用危険
付保率 非常危険:97.5%、信用危険95.0%
保険責任期間 5年9ヶ月
前のページへ戻る