トピックス

ベネズエラ/カラカス近郊鉄道線向け車両基地・信号・通信システム追加設備一式の輸出に対する貿易代金貸付保険の引受について


2005年11月 2日

独立行政法人 日本貿易保険(NEXI)

独立行政法人日本貿易保険(略称:NEXI、理事長:今野秀洋)は、我が国企業よりベネズエラのInstituto Autonomo de Ferrocarriles del Estado(以下、「ベネズエラ国鉄」)向けに行われる車両基地・信号・通信システム追加設備一式の輸出に対し、貿易代金貸付保険を引き受けることを決 定いたしました。NEXIは同輸出代金支払い用に供与される国際協力銀行と民間金融機関からの総額158億円を限度とする融資に対し、民間金融機関が融資 する63億円分について貿易代金貸付保険を付保します。尚、本輸出プロジェクトの融資契約は、ベネズエラ現地時間の本年10月27日に調印されました。

今回の輸出は、現在建設中であるカラカスとその南方約45kmの衛星都市であるトゥイ-メディオ地区のクア市を結ぶ近郊鉄道第一期工事を補完するもの で、第一期鉄道システムが完成することにより、公共大量輸送システムが確立し、通勤時間・条件の改善や慢性的な交通渋滞の緩和、並びにトゥイ-メディオ地 区の発展に資するものです。

NEXIは今後も我が国企業の輸出支援のため、バイヤーズクレジットの活用によりプラント輸出案件等を金融面で支援いたします。

 

(参考)

  1. 本邦関連企業
    丸紅株式会社(輸出者)
    みずほコーポレート銀行(幹事行)など


  2. 保険内容
保険契約の内容 貿易代金貸付保険
融資先 ベネズエラ・ボリバル共和国政府
融資金額 158億円
うち民間金融機関分 63億円
てん補範囲 非常危険及び信用危険
付保率 非常危険:100%、信用危険100%
保険責任期間 8.5年
前のページへ戻る