トピックス

インドネシア/PT. PAMAPERSADA NUSANTARA社向け鉱山機械輸出プロジェクトの 貿易代金貸付保険の引受について


2007年3月29日

独立行政法人 日本貿易保険(NEXI)

独立行政法人日本貿易保険(略称NEXI、理事長:今野秀洋)は、インドネシアのPT. PAMAPERSADA NUSANTARA (以下、「PAMA社」)から、株式会社小松製作所(以下、「コマツ」)が受注した鉱山機械の輸出に対し、貿易代金貸付保険(2年以 上)の引受を行うことを決定しました。

本件は、コマツが受注した、鉱山機械の輸出代金を、国際協力銀行及び本邦銀行団が融資するもので、この市中銀行団の融資に対して貿易代金貸付保険を適用します。なお、本融資契約は、3月27日にジャカルタにて締結されました。

PAMAは、インドネシア国内の鉱山会社から採掘を請け負うマイニングコントラクターであり、国内最大規模を誇っています。1992年の設立以来、 1000台を超すコマツ製鉱山機械を購入しており、コマツのインドネシアにおける代理店であるPAMAの親会社United Tractorsと共にコマツのインドネシアにおける重要なパートナーと位置づけられています。

本プロジェクトは、日本貿易保険がインドネシア企業向けに中長期のNon L/G(相手国政府の債務保証を有しない)コーポレート与信をベースとした非常危険及び信用危険の保険引受を行う初めての案件となります。日本貿易保険 は、今後もインドネシア向けの本邦企業による輸出及び本邦企業による投資に対して積極的に支援していく方針です。

 

(参考)

  1. 本邦関連企業
  2. 輸出者 株式会社小松製作所
    貸出人 オーストラリア・ニュージーランド銀行 東京支店 (幹事行)
    みずほコーポレート銀行
  3. 保険内容
保険種 貿易代金貸付保険
融資形態 バイヤーズ・クレジット
てん補範囲 非常危険(97.5%)及び信用危険(95%)

インドネシア/PT. PAMAPERSADA NUSANTARA社向け鉱山機械輸出プロジェクトの貿易代金貸付保険の引受について

前のページへ戻る
ページの先頭へ