トピックス

カザフスタン/ウラン鉱山開発会社(Kyzylkum LLP)への融資案件に対する 資源エネルギー総合保険の引受について


2007年6月22日

独立行政法人 日本貿易保険(NEXI)

独立行政法人 日本貿易保険(略称:NEXI、理事長:今野秀洋)は、カザフスタン共和国の新規ウラン鉱山開発・生産プロジェクトに対するシティバンク、 エヌ・エイ東京支店等からの融資計30百万米ドルに対して、保険の引受けを決定いたしました。本融資契約は、本年6月22日に締結されました。

なお、本件は本年4月1日に創設した「資源エネルギー総合保険」を適用する第1号案件となります。また、NEXIは本年4月30日にNEXIがカザフスタ ンの国営原子力公社であるカザトムプロム社と協力協定を締結し同社に対する5億ドルの引受枠を設定しており、今回の引受はその引受枠を適用する最初の案件 となります。
南カザフスタンのハラサン(Kharassan)鉱山ウラン開発プロジェクト(鉱区1及び2)は、潜在ウラン資源量160,000トン(MTU)以上と推 定され、2014年までにウラン生産量5,000トン(MTU)/年のフル生産を行う予定です。丸紅株式会社、東京電力株式会社及び中部電力株式会社は、 両鉱区より生産されるウラン精鉱のうち、最大2,000トン(MTU)/年の引取権を有することになります。

NEXIが保険の引受を行うハラサン1鉱区は、カザトムプロム社等が出資を行うキズルクム社(Kyzylkum LLP)によって開発されます。

本年4月30日には、甘利経済産業大臣率いるカザフスタン官民合同ミッションの際、日本貿易保険もカザトムプロム社との間で協力協定を締結し、ウラン引取 にかかる融資を対象に引受枠5億ドルを設定することを決定しました。本プロジェクトは、本引受枠内で保険引受を行う初めての案件となります。また、日本貿 易保険が本年4月1日に創設した「資源エネルギー総合保険」による最初の引受案件となります。

日本貿易保険は、今後も、引受枠を積極的に活用してカザトムプロム社関連の案件に取り組んでいくとともに、資源エネルギー総合保険等を活用してわが国への安定的なエネルギー資源供給の確保に資するプロジェクトを積極的に支援していく方針です。

 

(ご参考)

  1. 融資金融機関
    シティバンク、エヌ・エイ東京支店 他


  2. 保険内容
保険契約の内容 海外事業資金貸付保険・資源エネルギー総合保険(A特約)
融資先 Kyzylkum LLP社(カザトムプロム社の関係会社)
保険価額 合計30百万米ドル
てん補範囲及び付保率 非常危険(100%)及び信用危険(97.5%)
保険責任期間 7年
前のページへ戻る
ページの先頭へ