トピックス

マダガスカル共和国/アンバトビーニッケル鉱山案件に対する
資源エネルギー総合保険の引受について


2007年9月25日

独立行政法人 日本貿易保険(NEXI)


独立行政法人 日本貿易保険(略称:NEXI、理事長:今野秀洋)は、マダガスカル共和国のアンバトビーニッケル鉱山開発・精錬プロジェクトに対する住友商事からの投資254百万米ドルに対して、保険の引受けを決定いたしました。
本プロジェクトは日本として長期安定的なレアメタルの確保へつながる案件であり、本年4月1日に創設した「資源エネルギー総合保険」を適用します。

世界的に非鉄金属を始めとした資源の獲得競争が激化する中で、本プロジェクトは、マダガスカル共和国において世界最大級のニッケル鉱山開発を日加韓3カ 国が共同で行う資源開発事業案件です。今般、住友商事は本プロジェクトの27.5%権益を取得し、日本向けのニッケル販売を担当します。本プロジェクトは 2010年後半にはニッケルメタル年産約6万トン(国内総需要の約1/4)、コバルトメタル年産5,600トン(国内総需要の約4割)等を生産する能力の 工場を操業開始し、2013年初めにはフル生産を行う予定です。

また、本プロジェクトはマダガスカル共和国にとって最大の海外投資受け入れ案件となるため、同国として輸出収入、税収増、高い雇用創出効果が見込まれるとともに、日・マダガスカル両国間の関係強化のための支援にも合致するものです。

日本貿易保険は今後も本プロジェクトのようにエネルギー資源の長期安定的な確保とアフリカ支援等に資する大変意義深いプロジェクトを積極的に支援していく方針です。

 

(ご参考)

  1. 保険内容
保険契約の内容 海外投資保険・資源エネルギー総合保険(B特約)
被保険者 住友商事
てん補範囲 非常危険
付保率 非常危険:100%
保険責任期間 7年
前のページへ戻る
ページの先頭へ