トピックス

シンガポール / CSM社向け貿易代金貸付保険の引受について


2007年10月10日

独立行政法人 日本貿易保険(NEXI)

独立行政法人日本貿易保険(略称:NEXI、理事長:今野秀洋)は、シンガポール共和国の半導体メーカーであるChartered Semiconductor Manufacturing Ltd.(CSM社) に対する輸出代金貸付契約に対して、貿易代金貸付保険(2年以上)の引受を決定しました。

本件は、東京エレクトロン株式会社、大日本スクリーン製造株式会社、及び株式会社ニコンが受注した半導体製造装置の輸出代金を、国際協力銀行及び本邦市中 銀行(三井住友銀行)が融資するもので、総額300百万米ドルのうち、市中銀行が融資する150百万米ドルに対して貿易代金貸付保険(2年以上)を適用し ます。なお、本融資契約は10月5日に締結されました。

本プロジェクトは、半導体製造プロセスの前工程を請け負う、所謂ファンドリ大手であるCSM社が、第7工場の生産能力を拡張するものです。また本件は、 NEXIがシンガポール企業向けに中長期のNon L/Gコーポレート与信をベースとした非常危険と信用危険の保険引受を行う初めての案件となります。NEXIは、今後もシンガポール向けの本邦企業による 輸出を積極的に支援していく方針です。

 

(ご参考)

  1. 本邦関連企業
  2. 輸出者 大日本スクリーン製造株式会社
    東京エレクトロン株式会社
    株式会社ニコン

    貸出人 三井住友銀


  3. 保険内容
  4. 保険契約の内容 貿易代金貸付保険(2年以上)
    融資形態 バイヤーズクレジット
    融資金額 US$300百万
    うち市中銀行分 US$150百万
    てん補範囲 非常危険及び信用危険


  5. 付保率
付保率 非常危険97.5%、信用危険95%
保険責任期間 約8年


前のページへ戻る
ページの先頭へ