トピックス

インドネシア/PT. BUDI ACID JAYA社における温暖化ガス削減プロジェクト
に対する海外事業資金貸付保険の付保について


2008年1月 9日

独立行政法人 日本貿易保険(NEXI)

独立行政法人日本貿易保険(略称:NEXI、理事長:今野秀洋)は、インドネシア・ランプン州(スマトラ島南端部)において、インドネシア最大のタピオ カ澱粉生産会社である「PT BUDI ACID JAYA社」における「温暖化ガス削減プロジェクト」に対する住友商事株式会社からの融資に対して、海外事業資金貸付保険の引受を決定いたしました。

本プロジェクトは、PT BUDI ACID JAYA社の3つのタピオカ澱粉工場において、製造工程中の排水から派生するメタンガスを回収し、自家発電燃料として有効活用するものです。
また、本件は、クリーン開発メカニズム(CDM:先進国企業が途上国において排出削減プロジェクトを実施し、排出削減分をクレジットとして取得するス キーム。)事業として実施され、住友商事株式会社が排出権の販売を行うことにより、本邦企業による温暖化ガスの排出権の取得が見込まれます。

日本貿易保険は、住友商事株式会社が本プロジェクト対して行う融資に対して付保しますが、本邦企業による排出権の取得が見込まれる案件としては初めての保険引受となります。
日本貿易保険は、今後とも我が国の環境政策との連携を強化し、地球温暖化対策への取組みを支援していく方針です。

 

(ご参考)

  1. 本邦関連企業
  2. 貸出人 住友商事株式会社


  3. 保険内容
保険契約の内容 海外事業資金貸付保険(貸付金債権等)
融資先 PT. BUDI ACID JAYA社(資本金約27億円)
てん補範囲 非常危険(97.5%)
保険責任期間 約3年
前のページへ戻る
ページの先頭へ