トピックス

フィリピン共和国/Coral Bay Nickel Corporationへの出資に対する 「資源エネルギー総合保険」(海外投資保険)の付保について


2008年9月 2日

独立行政法人 日本貿易保険(NEXI)

独立行政法人日本貿易保険(略称:NEXI、理事長:今野秀洋)は、フィリピン共和国南西部のパラワン島のリオツバ・ニッケル鉱山の隣接地域にてニッケ ル・コバルト混合硫化物製造プラントを操業しており、かつ、第二系列プラント増設を予定しているCoral Bay Nickel Corporation (略称:CBNC) に対する双日株式会社の出資について、海外投資保険の引き受けを決定いたしました。本案件は、本邦へのニッケル資源の長期安定供給に資する案件であり、 「資源エネルギー総合保険」を適用します。

NEXIは、双日株式会社によるCBNCへの既存出資部分及び第二系列プラント増設資金向けの増資(合計で約28億円。出資比率18%)に対して、非常危険100%の付保率で、海外投資保険を引き受けます。当該保険契約は本年9月1日に締結されました。

本件は、世界的に鉱物資源の獲得競争が激化する中、ニッケル純分換算で年産約2万トンのニッケル・コバルト混合化合物を全量本邦に引取る案件です。また、 住友金属鉱山が操業するプラントは、高圧酸浸出法と呼ばれる画期的な技術を用いるものでニッケル資源の有効利用にも資する案件です。

NEXIとしては、今後とも本プロジェクトのように、本邦への鉱物資源の安定的確保や資源の有効利用に資する案件を積極的に支援していく方針です。

 

(ご参考)

保険契約の内容 海外投資保険・資源エネルギー総合保険(B特約)
被保険者 双日株式会社
投資先 Coral Bay Nickel Corporation
投資金額 US$26.064百万 (双日株式会社出資部分)
てん補範囲 非常危険(100%)
保険責任期間 10年
前のページへ戻る