トピックス

インドネシア/プルタミナ社バロンガン製油所改修プロジェクトに対する
「資源エネルギー総合保険」(海外事業資金貸付保険)の引受について


2009年1月27日

独立行政法人 日本貿易保険(NEXI)

独立行政法人日本貿易保険(略称:NEXI、理事長:今野秀洋)は、インドネシアの国営石油会社であるプルタミナ社(正式名称 : PT PERTAMINA(PERSERO))が操業するバロンガン製油所の改修プロジェクトに対する貸付に関し、海外事業資金貸付保険の引受を決定いたしまし た。
本件は、我が国石油資源の長期安定的な確保につながる案件であり、2007年4月1日に創設した特約「資源エネルギー総合保険」を適用するもので、石油分野においては初めての付保案件となります。

本件は、プルタミナ社が生産する低硫黄残渣油(LSWR: Low Sulphur Waxy Residue)の豊田通商株式会社による引取代金を返済原資に、BNPパリバ銀行東京支店をはじめとする市中銀行団が225百万米ドルの貸付を行うものです。
本件引受によるプルタミナ社の資金需要に対する支援は、同社とNEXIとの協力関係を一層深めると共に、我が国とエネルギー資源大国インドネシアとの更なる関係強化に資することが期待されます。

NEXIは、今後も我が国への資源の安定的な供給確保に貢献するため、産油・産ガス国との総合的な関係強化の一環として、国営石油会社等に対し、輸出信用機関としての保険商品を用いたさまざまな金融サービスの提供を行ってまいります。

 

以上

 

(参考)

保険種 海外事業資金貸付保険(貸付金債権等)・資源エネルギー総合保険A特約
保険価額 225百万米ドル
付保率 非常危険100%および信用危険97.5%
てん補範囲 インドネシア共和国の非常危険およびプルタミナ社の信用危険 他
保険責任期間 約2年
前のページへ戻る
ページの先頭へ