トピックス

カザフスタン共和国法人Mining Company LLP向け貸付案件
に対する海外事業資金貸付保険の付保について


2009年8月 7日

独立行政法人 日本貿易保険(NEXI)

独立行政法人 日本貿易保険(略称:NEXI、理事長:鈴木隆史)は、Mining Company LLP(本社:カザフスタン共和国Almaty市、以下“MCLLP”と略す。)が、同国南部で計画されている新規硫酸工場を建設するために設立された、 プロジェクト会社への出資金等に対する、アイエヌジーバンク エヌ・ヴイ東京支店をはじめとする本邦金融機関の融資について、海外事業資金貸付保険(貸付 金債権等)の引受を決定し、これに基づき、融資契約が8月6日(現地時間)に締結されました。

MCLLPは、カザフスタンにおけるウラン開発、ならびに原子力事業を手がけている同国国営原子力公社カザトムプロム社の子会社であり、ウラン鉱山の開 発、ウラン精鉱の生産などを手がけています。硫酸工場は2011年後半の完工を予定しており、生産される硫酸の約80%は、日本の電力会社等が出資するハ ラサン鉱区に供給されることになっています。

本件引受によるカザトムプロム社子会社の資金調達への支援は、カザトムプロム社との協力関係を一層深めるのみならず、ハラサン鉱区における安定的なウラン生産にも貢献することから、本邦への安定的なウラン供給に資するものであります。

なお本件は、温室効果ガスの排出低減に貢献する原子力発電の燃料である、ウランの採掘に不可欠な硫酸を生産するプロジェクトへの出資金等に用いられるため、2009年1月に創設された地球環境保険適用の海外事業資金貸付保険第一号案件となります。

日本貿易保険は今後も、海外事業資金貸付保険を積極的に活用して、わが国への安定的なエネルギー資源供給の確保に資するプロジェクトを積極的に支援していく方針です。

 

(参考)

  1. 融資金融機関
    アイエヌジーバンク エヌ・ヴイ東京支店(幹事行)、
    株式会社日本政策投資銀行、BNPパリバ銀行東京支店


  2. 保険内容
保険契約の内容 海外事業資金貸付保険(貸付金債権等)
融資先 Mining Company LLP
保証人 Joint Stock Company National Atomic Company KazAtomProm
融資金額 30百万ユーロ
てん補範囲 非常危険及び信用危険
てん補率 非常危険100%、信用危険:90%
保険責任期間 3年
前のページへ戻る