トピックス

インドネシア/PT Inco社Karebbe水力発電所建設プロジェクトに対する 「資源エネルギー総合保険」(海外事業資金貸付保険)の引受について


2009年12月 1日

独立行政法人 日本貿易保険(NEXI)

独立行政法人日本貿易保険(略称:NEXI、理事長:鈴木隆史)は、インドネシアのニッケル鉱山会社であるPT Inco(正式名称:PT International Nickel Indonesia Tbk。ブラジルVale社の子会社)が所有する精錬施設に電力を供給するKarebbe水力発電所建設プロジェクトに対する貸付に関し、海外事業資金貸 付保険の引受を決定いたしました。

引受に際しては、我が国の資源エネルギーの安定供給確保に資するものとして、「資源エネルギー総合保険」を適用いたしました。また本プロジェクトは、 2008年5月にNEXIとValeとの間で締結した上限US20億ドルの保険引受枠を設定した覚書(MOU)に基づく第一号案件となります(Vale向 けの保険引受は2004年のソセゴ銅山開発プロジェクトに次ぐ二件目)。

本件は、PT Inco社が生産するニッケルマットのカナダVale Inco社(Valeの100%子会社及びPT Incoの親会社)及び住友金属鉱山株式会社による引取代金を返済原資に、三菱東京UFJ銀行及びみずほコーポレート銀行が300百万米ドルの貸付を行う ものです。
本件引受によるPT Inco社の資金需要に対する支援は、ValeグループとNEXIとの協力関係を一層深めると共に、我が国と鉱物資源大国インドネシア及びブラジルとの更なる関係強化に資することが期待されます。

NEXIは、今後も我が国への資源の安定的な供給確保に貢献するため、資源国との総合的な関係強化の一環として、資源企業等に対し、輸出信用機関として保険商品を用いたさまざまな金融サービスの提供を行ってまいります。

以上

 

(参考)

保険種 海外事業資金貸付保険(貸付金債権等)・資源エネルギー総合保険A特約
保険価額 300百万米ドル
付保率 非常危険100%及び信用危険97.5%
てん補範囲 ブラジル連邦の非常危険及びValeの信用危険、他
保険責任期間 約10年
前のページへ戻る