トピックス

モルディブ共和国/上下水道運営事業向け投資に対する海外投資保険について


2010年4月12日

独立行政法人 日本貿易保険(NEXI)

独立行政法人日本貿易保険(略称:NEXI、理事長:鈴木隆史)は、モルディブ共和国の上下水道運営事業会社Male’ Water & Sewerage Company private Limited(本社:モルディブ、マレ、代表者:Mohamed Ahmed Didi氏、以下、「MWSC」)に対する株式会社日立プラントテクノロ ジー(本社:東京都、執行役社長:東原敏昭、以下「日立プラントテクノロジー」)の投資に対し、海外投資保険(非常危険95%)を引き受けました。

今年3月、日立プラントテクノロジーはモルディブ共和国政府が100%出資するMWSCの株式を20%取得しました。同社は上下水道事業の運営・管理ノウハウを蓄積するためにMWSCの事業経営に参画します。

NEXIは日本企業が貿易・投資を行う場合、その海外活動に伴うリスクを引き受けています。近年では特に電力、鉄道、水事業等での日本企業の海外展開を 支援することが重要だと位置づけ、支援強化を行っています。本件はNEXIにとっても水事業への我が国企業の本格展開を支援する第一号であり、非常に重要 な案件だと言えます。NEXIは引き続き、日本の水事業関連企業が有する高度な技術と経験を有効に活用するプロジェクトに対し、積極的に支援を行います。

以上

 

(ご参考)

<保険内容>

保険契約内容 海外投資保険(株式等)
投資先 Male’ Water & Sewerage Company private Limited
(日立プラントテクノロジー20%・モルディブ共和国政府80%)
てん補範囲 非常危険
付保率 非常危険: 95%
保険責任期間 5年
前のページへ戻る