トピックス

スペイン/太陽熱発電プロジェクトに対する
海外事業資金貸付保険(地球環境保険特約付)の引受について


2010年9月 3日

独立行政法人 日本貿易保険(NEXI)

独立行政法人日本貿易保険(略称:NEXI、理事長:鈴木隆史)は、日揮株式会社が参画するスペイン・太陽熱発電プロジェクトについて、プロジェクト会 社であるSolacor Electricidad, Uno S.A.及びSolacor Electricidad, Dos S.A.に対して行われる融資、ならびに融資に対する保証に対して、海外事業資金貸付保険の引受けを決定いたしました。

本案件は、NEXIとして初めて再生可能エネルギープロジェクトに対して保険引受を行うものです。また温室効果ガスの排出低減に資するプロジェクトであることから、発電事業向けプロジェクトファイナンスとして、初めて「地球環境保険特約」を適用いたしました。

スペインでは豊富な日射量が得られることや、再生可能エネルギーを用いた発電方式を政府が奨励してきたことから、現在、太陽熱発電所※1の建設が数多く計画されています。発電された電力は地域配電会社、またはスペインの卸電力市場に向けて販売されますが、固定価格買取制度の適用により、化石燃料を用いた発電方式で発電された電力と比して、高い売電価格が保証されます。

本プロジェクトへ出資する日揮は、スペインの大手エンジニアリング企業で、太陽熱発電における先進的企業であるAbengoa S.A.と共同で事業を行うことにより、今後、成長が見込まれる太陽熱発電事業の特性ならびに運営方法を習得し、同社が強みを発揮できる中東・アフリカ地 域で、当該事業の展開を検討していくこととしています。

我が国政府は、本邦企業によるインフラ・システム輸出の一層の促進に向け、太陽熱発電等の再生可能エネルギーを含む個別11分野について、積極的な支援を打ち出しています※2。NEXIは今後も、再生可能エネルギー分野における本邦企業の海外展開を積極的にサポートしていきます。


※1 太陽熱発電とは太陽光の熱エネルギーを、集光・集熱器により効率良く集めて熱源とし、その熱エネルギーを用いて発生させた蒸気で、タービンを回転させ発電する発電方式です。
※2 『産業構造ビジョン2010』(産業構造審議会産業競争力部会報告書)

 

(参考)

  1. 融資機関
    三井住友銀行(ストラクチャリングバンク・NEXIエージェント)
    香港上海銀行東京支店(ストラクチャリングバンク)
    みずほコーポレート銀行
    BNPパリバ銀行東京支店


  2. 保険内容
保険契約の内容 海外事業資金貸付保険(地球環境保険特約付)
融資金額 約353百万ユーロ
付保率 非常危険100%及び信用危険90%
てん補範囲 スペインの非常危険及び
Solacor Electricidad Uno, S.A.、
Solacor Electricidad Dos, S.A.社の信用危険
保険責任期間 20年(2010年9月~2030年8月)
前のページへ戻る