トピックス

フィリピン共和国法人Manila Water Company, Inc. 上水道設備改修・拡張案件
に対する海外事業資金貸付保険の付保について


2010年9月30日

独立行政法人 日本貿易保険(NEXI)


独立行政法人 日本貿易保険(略称:NEXI、理事長:鈴木隆史)は、Manila Water Company, Inc.(本社:フィリピン共和国ケソン市、以下“MWC”と略す。)がマニラ首都圏上下水道公社との事業権契約に基づき、マニラ首都圏東部において行う 上水道設備改修・拡張事業に対する本邦金融機関からの融資について、海外事業資金貸付保険(貸付金債権等)の引受を決定しました。

MWCは、1997年のマニラ首都圏における水道事業民営化時に、地場財閥であるアヤラグループを中心に設立された民間水道事業会社で、アジア地域にお ける水道事業民営化の成功事例として知られています。当社には本邦から三菱商事が資本参加し、水インフラ事業に関する運営ノウハウの蓄積が進められてお ります。

我が国政府は、本邦企業によるインフラ・システム輸出の一層の促進に向けて積極的な支援を打ち出しており、その中で水分野については、貿易保険を含む政 策金融による支援を重点化していくとしています※1。本件は、こうした政府の政策に沿って、日本貿易保険として初めて海外の水インフラ事業向け融資に対し て海外事業資金貸付保険の引受を行うもので、本邦企業にとっても、MWCとの関係強化を通じて事業運営ノウハウの蓄積を図り、今後の海外水ビジネスへの更 なる展開につながる非常に意義深いものです。

日本貿易保険としては、今後も水分野をはじめとする我が国のインフラ・システム輸出に資するプロジェクトを積極的に支援していく方針です。


※1『産業構造ビジョン2010』(産業構造審議会産業競争力部会報告書)

 

 

(参考)

  1. 融資機関
    アイエヌジーバンク エヌ・ヴイ東京支店(幹事行)
    みずほコーポレート銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行


  2. 保険内容
保険契約の内容 海外事業資金貸付保険(貸付金債権等)
融資先 Manila Water Company, Inc.
融資金額 約150百万米ドル
てん補範囲 非常危険及び信用危険
てん補率 非常危険97.5%、信用危険:90%
保険責任期間 10年
前のページへ戻る