トピックス

ブラジル/Samarco向けファイナンスに対する海外事業資金貸付保険
(資源エネルギー総合保険A特約付)の引受について


2011年1月18日

独立行政法人 日本貿易保険(NEXI)

独立行政法人日本貿易保険(略称NEXI、理事長:鈴木隆史)は、ブラジルの鉄鉱石ペレット*製造会社であるSamarco Mineração S.A.(以下、「Samarco」)の製造設備アップグレード及び施設整備等に対して行う貸付に関し、海外事業資金貸付保険の引受を決定いたしました。

引受に際しては、我が国の資源エネルギーの安定供給確保に資するものとして、「資源エネルギー総合保険」を適用いたしました。

本件はSamarcoが生産する鉄鉱石ペレットの本邦企業による引取代金を返済原資に、三菱東京UFJ銀行、みずほコーポレート銀行及び三井住友銀行が231百万米ドルの貸付を行うものです。

SamarcoはブラジルVale S.A.及び英豪BHP Billitonが折半出資を行う、世界有数の鉄鉱石ペレット製造会社で、全世界にペレットの供給を行っており、本邦の鉄鋼メーカーにとっても重要な調達先に位置付けられます。

NEXIは、今後も我が国への資源エネルギーの安定的な供給に資するプロジェクトについて前向きに検討し、輸出信用機関としてサポートしていきます。

 

(ご参考)

  1. 1. 融資機関
    三菱東京UFJ銀行(Facility Agent & Lead Arranger)
    みずほコーポレート銀行 (Co-Arranger)
    三井住友銀行 (Co-Arranger)


  2. 2. 保険内容
    保険種 海外事業資金貸付保険(資源エネルギー総合保険A特約)
    融資先 Samarco Mineração S.A.
    保険価額 231百万米ドル
    付保率 非常危険100%及び信用危険97.5%
    てん補範囲 ブラジルの非常危険及びSamarco社の信用危険
    保険責任期間 約10年

* ペレットとは鉄鉱石を粉砕した微粉鉱石を重油や石炭で加熱し成形したもので、製鉄の際、原料となるもの。世界的に塊鉱石としてそのまま使用できる鉄鉱石の発掘量が減少してきており、ペレットのような事前加工品への期待が高まっている。

前のページへ戻る