トピックス

今野理事長のベルン・ユニオン議長への選出について


2007年10月22日

独立行政法人 日本貿易保険(NEXI)

独立行政法人日本貿易保険(NEXI)の今野秀洋(こんの ひでひろ)理事長は、10月15日~19日に インドのニューデリーで開催された国際輸出信用保険機構(International Union of Credit & Investment Insurers: ベルン・ユニオン)の年次総会において、議長に選出されました。
70年を超えるベルン・ユニオン(BU)の歴史の中で、アジアの輸出信用機関から議長が選出されたのは、今野理事長が初めてです。
今野議長は、2年間勤めた前任のラース・コルテ議長(デンマーク:EKF)を引き継ぎます。副議長には、AIG(米国)のJohn Salinger氏が選出されました。
新議長としては、今後、国際経済状況に対応したBUメンバー全体の行動規範となるGuiding Principlesのとりまとめ、データーベースの拡充、BU自身の対外的アピールの強化などの課題に取り組んでいくことになります。

今野理事長のベルン・ユニオン議長への選出について「BU総会で発言する今野新議長(右端がコルテ前議長)」

(参考)ベルン・ユニオンについて


1934年に設置された各国の輸出保険機関が加盟している国際機関で、貿易保険に関する共通問題を相互に情報交換をする場となっています。
設立会合がスイスのベルンで開催されたことから通称、ベルン・ユニオンと言われています。現在の加盟メンバーは、50機関(39ヵ国、2地域、1国際機 関)にのぼり、OECD加盟国、中国、インド、ブラジルなどの政府輸出信用機関に加えて、最近では民間の貿易保険会社も含まれています。
2006年のメンバー全体の短期・中長期輸出保険及び投資保険の総合引受額は、約1.1兆ドル(約130兆円)となっています。
我が国は、1970年5月に当時の通商産業省貿易保険課(EID/METI)が加盟し、2001年からNEXIがその地位を引き継いでいます。

(加盟機関リストを含め、詳細については、当ホームページの「ベルン・ユニオンについて」をご参照ください。)

前のページへ戻る
ページの先頭へ