トピックス

パッケージ型インフラ海外展開推進のための新たなファイナンス・メカニズムについて
(日本貿易保険におけるリスクテイク機能の拡大)


2010年12月10日

独立行政法人 日本貿易保険(NEXI)

本日開催された「パッケージ型インフラ海外展開関係大臣会合」において、関係政府機関のリスクテイク機能を拡大することが決定されました。これを受けて、日本貿易保険(NEXI:鈴木隆史理事長)は、以下の貿易保険の強化を実施いたします。

  1. 現地通貨為替リスクへの対応強化(新規)
     保険契約締結後に円の価値が下がり、保険事故時に受け取る保険金額が減少するリスクについては、現在は米ドルとユーロに限定して対応しています。
     対象となる通貨については、今後、具体的にご相談のあった案件について検討を進めてまいります。その上で、対象とする個別通貨について早期に公表いたします。なお、対象通貨のリストは逐次更新する予定です。

  2. 国際協力銀行との協調融資に対する付保率の引上げ(新規・継続)
     民間金融機関が国際協力銀行(JBIC)との協調融資により海外での事業資金を融資する際に、市中銀行が負担する非常リスク及び信用リスクに対する海外 事業資金貸付保険の付保率を、現行の非常97.5%、信用95%までから最大100%に引き上げます。具体的には、2011年1月1日以降に、市中優先償 還型案件として受付、相談を開始した案件について、本引上げの対象とします。
     また、JBICとの協調融資によるバイヤーズクレジットについて は、2009年12月より、2011年3月末までを期限として、付保率の引上げ(非常、信用とも最大100%)を実施してまいりましたが、上記の海外事業 資金貸付保険に係る措置と同様に、当該措置を恒久化することといたします。

     これらの措置により、パッケージ型インフラの海外展開に係る民間金融機関の積極的な取組をより一層強力に支援してまいります。

    <お問い合わせ先>
     (政府保証付き貿易代金貸付保険案件について)
     営業第一部 引受第二グループ TEL:03-3512-7668
     (その他の貿易代金貸付保険案件及び海外事業資金貸付保険について)
     営業第二部 企画調整チーム TEL:03-3512-7675
前のページへ戻る
ページの先頭へ