トピックス

ジャマイカ/Jamaica Public Service Company Limited 発電設備拡張等向け貸付に対する海外事業資金貸付保険の引受について


2011年3月22日

独立行政法人 日本貿易保険(NEXI)

独立行政法人日本貿易保険(略称NEXI、理事長:鈴木隆史)は、ジャマイカ国唯一の電力会社であるJamaica Public Service Company Limited (以下、JPS)に対する融資について、海外事業資金貸付保険(貸付金債権等)の保険契約を締結いたしました。

JPSは丸紅が筆頭株主となるジャマイカ国全土における電力供給を一手に担う垂直統合型の電力会社です。本プロジェクトは、環境負荷の小さいベースロード 電源を拡張する目的から既設水力発電所の増設、及び電力料金を押し上げる要因となっているシステムロスや盗電防止対策のための送配電設備のアップグレー ド・機器の交換、設置等をおこなうものであり、同国の発展に不可欠なプロジェクトです。NEXIでは、同国における海外事業資金貸付保険を本件にて初めて 引受け、締結したもので、また、新エネルギー事業への融資を伴うことから、ファシリティの一部に「地球環境保険特約」1 を適用いたしました。

本引受によるJPSの資金調達への支援は、丸紅株式会社の海外電力事業拡大に寄与する案件です。NEXIは今後とも日系企業の海外事業展開を積極的に支援していく方針です。

 

(ご参考)

  1. 1. 融資機関
    シティバンク銀行 (Facility Agent)
    みずほコーポレート銀行


  2. 2. 保険内容
    保険種 海外事業資金貸付保険(地球環境保険特約付)
    融資金額 約98百万米ドル
    てん補範囲 ジャマイカの非常危険97.5%及びJPSの信用危険90% (但し、地球環境特約付部分は、ジャマイカ非常危険100%)
    保険責任期間 10年

1 温室効果ガスの排出削減に資する設備・機器の輸出及びプロジェクトとして、一定の要件を満たすものを対象に、地球環境保険特約付の保険引受を行っていま す。同特約により、海外事業資金貸付保険における非常危険の付保率を97.5%から100%に引き上げることが可能になります。

10年
前のページへ戻る