トピックス

信託制度を活用した貿易保険付プロジェクトファイナンス債権の流動化について


2011年4月 1日

独立行政法人 日本貿易保険(NEXI)

独立行政法人日本貿易保険(略称:NEXI、理事長 鈴木隆史)は、株式会社みずほコーポレート銀行が保有する、海外事業資金貸付保険が付保された海外資源エネルギー開発プロジェクトファイナンスの貸付債権にかかる信託を承認いたしました。本件は、NEXIの貿易保険が付保された海外プロジェクトファイナンス債権流動化の第一号案件となります。

 

本件は、海外資源エネルギー開発プロジェクトにおいて、海外事業資金貸付保険が付保されたプロジェクトファイナンスの貸付債権を保有することによって、株式会社みずほコーポレート銀行が得ることができる利益を信託財産として信託し、当該信託財産から得られる利益を投資家に譲渡するものです(詳細につきましては、下記スキーム図をご覧ください。)。

 

本スキームにより、貿易保険付保債権の流動化を促進することで、民間金融機関のバランスシートの負担を軽減し、昨年6月に閣議決定された「新成長戦略」におけるパッケージ型インフラの海外展開等、将来の海外における大型ファイナンスの組成のために、今後需要が高まると予想される長期、大規模な資金供給の円滑化や多様化を促進する効果が期待されます。

 

NEXIは今後とも、本スキームを積極的に活用して、我が国の海外プロジェクトを積極的に支援していく方針です。

 

mt_110405.jpg

前のページへ戻る