トピックス

ベネズエラ国営石油会社(PDVSA)向け製油所改修プロジェクト (資源エネルギー総合保険の引受)


2011年6月29日

独立行政法人 日本貿易保険(NEXI)

独立行政法人日本貿易保険(NEXI)は、伊藤忠商事株式会社(以下、伊藤忠商事)及び三菱商事株式会社(以下、三菱商事)が実施するベネズエラ産原油及び石油製品引取ファイナンスに対して、海外事業資金貸付保険の引受を決定し、これに基づき、融資契約が6月28日(現地時間)に締結されました。
引受に際しては、我が国の資源エネルギーの安定供給確保に資するものとして、「資源エネルギー総合保険」を適用いたします。

 

本件は、主幹事である伊藤忠商事及び三菱商事が、三井物産株式会社及び丸紅株式会社とともに、ベネズエラ国営石油会社(PDVSA)との間でベネズエラ産サンタバーバラ産原油を含む原油及び石油製品の引取に関する基本契約(期間:15年)を締結し、これら原油及び石油製品引取のための前払融資として総額15億米ドルのファイナンスを国際協力銀行(JBIC)、株式会社三菱東京UFJ銀行及び株式会社みずほコーポレート銀行を主幹事とする民間金融機関等が、商社により設立された金融子会社を通じて供与するものです。本融資金は、ベネズエラ国内の製油所の設備改修資金等に充てられます。

 

当該基本契約に基づき、本邦4商社は15年間に亘りサンタバーバラ原油を含む原油及び石油製品をPDVSAから引き取ることが可能となります。サンタバーバラ原油は、全量日本向け輸出を前提にしており、実現すれば、日本の原油輸入先の中東依存の緩和、供給ソースの多角化に寄与することとなります。また、ベネズエラは、日本企業も一部参加しているオリノコ超重質油を加えるとサウジアラビアに匹敵する原油埋蔵量を有しており、本件は当該国の国営石油会社PDVSAとの関係強化にも資する案件です。

 

NEXIとしては、今後とも本件のように、我が国への資源の安定供給確保に資する案件を積極的に支援していく方針です。

 

(ご参考)

1.融資機関

株式会社三菱東京UFJ銀行、株式会社みずほコーポレート銀行、株式会社三井住友銀行、住友信託銀行株式会社、
BNPパリバ銀行東京支店、クレディ・アグリコル銀行東京支店、ドイツ銀行東京支店、ソシエテジェネラル銀行東京支店

 

2.保険内容

保険種 海外事業資金貸付保険(資源エネルギー総合保険A特約)
保険価額 約540億円
付保率 非常危険100%及び信用危険97.5%
保険責任期間 7.5年

お問い合わせ先

      営業第二部 石油・天然ガスチーム(TEL:03-3512-7672)

前のページへ戻る