トピックス

インドネシア/South-East Asia Japan Cable (SJC) System向け光海底ケーブル輸出プロジェクト
(貿易代金貸付保険の引受)


2013年3月29日

独立行政法人日本貿易保険

独立行政法人日本貿易保険(NEXI)は、日本電気株式会社が米国企業と共同で受注したSJC向け光海底ケーブル輸出プロジェクトにおいて、インドネシア最大手の総合通信事業者であるPT. Telekomunikasi Indonesia Tbk向け融資に対して、貿易代金貸付保険の引受を決定いたしました。


SJCは、KDDI、Googleの他、アジア域内の通信会社8社の計10社が参画、日本とシンガポールを直接接続し、中国、香港、フィリピン、ブルネイに分岐する総延長約8,900kmの光海底ケーブルを敷設する国際プロジェクトで、日本を中継点として米国と東南アジアを結ぶ総延長18,500kmの大型海底ケーブルシステムが誕生します。


本件は、株式会社国際協力銀行及び株式会社みずほコーポレート銀行が融資するもので、NEXIはこのうち株式会社みずほコーポレート銀行の融資部分に対して貿易代金貸付保険を適用します。


高性能・高信頼性が要求される光海底ケーブルは、本邦企業が優位性を有する分野であり、NEXIは、本邦企業による輸出を金融面から引き続き前向きに支援していきます。


(ご参考)
本邦金融機関 株式会社みずほコーポレート銀行
保険種 貿易代金貸付保険
保険価額 約13百万米ドル
填補範囲・付保率 非常危険97.5%、信用危険95%
保険責任期間 約6年

お問い合わせ先:
営業第二部 インフラストラクチャーグループTel: 03-3512-7670

前のページへ戻る
ページの先頭へ