トピックス

アンゴラ/Block14鉱区開発プロジェクト
(海外投資保険/資源エネルギー総合保険B特約の引受)


2013年7月 4日

独立行政法人 日本貿易保険(NEXI)

独立行政法人日本貿易保険(NEXI)は、国際石油開発帝石株式会社(以下「INPEX」)の子会社を通じたアンゴラ原油生産鉱区権益取得のための投資に対する海外投資保険の引受を決定いたしました。

引受に際しては、我が国の資源エネルギーの安定供給確保に資するものとして、「資源エネルギー総合保険B特約」を適用いたしました。


本プロジェクトは、INPEXが子会社経由で、TOTALの関係会社であるオランダの事業会社Angola Block14 B.V.(以下「事業会社」)の株式の一部譲渡を受けることで、事業会社が有するアンゴラBlock14鉱区の権益の9.99%を間接的に保有します。ブロック14 鉱区の権益は、事業会社が20%(うちINPEX権益9.99%)、シェブロン社(米、オペレーター)が31%、アンゴラ国営石油会社であるソナンゴール社が20%、エニ社(伊)が20%、ガルプ社(葡)が9%をそれぞれ保有しています。


NEXIは日本企業が貿易・投資を行う場合、その海外活動に伴うリスクを引き受けています。本件はNEXIとして、アンゴラ向けとしては第一号の海外投資保険引受案件になります。また、アフリカでの石油権益取得第一号引受案件でもあります。

 

6月1日~3日に、横浜にて第5回アフリカ開発会議(TICAD V)が開催され、日本政府は、アフリカに進出する日本企業向けのNEXIによる貿易・投資保険枠を20億ドルに拡大する方針を発表しました。

NEXIは、TICAD Vの開催に合わせ、5月27日にご案内の通り、アフリカ19ヶ国を対象に引受方針の緩和を行いました(以下参照)。

http://nexi.go.jp/topics/cover/004794.html

 

NEXIは今後も本プロジェクトのように、我が国への資源の安定的な供給に資するプロジェクトや本邦企業の事業拡大に寄与するプロジェクトを積極的に支援していくとともに、アフリカ進出をご検討されている事業者様のご要請に応えるべく、アフリカ向け案件についても積極的な引受に向けた取り組みを行ってまいります。

 

(参考)保険内容
保険種 海外投資保険・資源エネルギー総合保険B特約
付保率 非常危険100%
てん補範囲 アンゴラの非常危険
保険責任期間 5年

お問い合わせ先
営業第二部 Tel: 03-3512-7672

前のページへ戻る