トピックス

トルコ/地熱発電プラント関連設備輸出プロジェクト
(ヤピクレディ向け輸出クレジットライン・貿易代金貸付保険の引受)


2014年4月 2日

独立行政法人 日本貿易保険(NEXI)

独立行政法人日本貿易保険(NEXI)は、トルコ共和国法人であるZorlu Jeothermal Enerji Elektrik UretimetiA.S.(以下Zorlu社)が手掛ける地熱発電所建設のための地熱発電プラント関連設備輸出プロジェクトに対し、貿易代金貸付保険の引受を決定いたしました。

 

本プロジェクトは、Zorlu社が地熱発電所を建設するに際し、株式会社東芝から地熱発電プラント関連設備を購入するために必要な資金を、株式会社三菱東京UFJ銀行及び株式会社国際協力銀行(JBIC)がYapi Kredi Bankasi A.S.(以下 ヤピクレディ)を通じて融資するものです。

 

2012年11月に設定した再生可能エネルギー及び気候変動緩和セクター(以下 再生可能エネルギー等)を対象とした輸出クレジットライン の下での第一号案件として、協調融資額総額約27.8百万米ドルのうち、株式会社三菱東京UFJ銀行の融資額約11.1百万米ドルに対して貿易代金貸付保険を適用します。

 

日本企業による地熱発電プラント関連設備の輸出を支援することは、再生可能エネルギー等分野における日本企業のビジネス機会の創出に繋がり、日本の産業の国際競争力の維持・向上に貢献するものです。

 

NEXIは、日本の公的金融機関として、多様な金融ツールを活かし、引き続き本邦企業による輸出を積極的に支援していく方針です。

 

(ご参考)
本邦金融機関 株式会社三菱東京UFJ銀行
保険種 貿易代金貸付保険(クレジットライン)
保険金額 約11.1百万米ドル
付保率 非常危険97.5%、信用危険95.0%

 

お問い合わせ先
営業第二部 モニタリング・管理グループ
Tel: 03-3512-7601

 


1輸出クレジットラインは、輸出金融の一形態であり、日本からの設備等の輸出を促進するため、あらかじめ一定金額の融資枠を設けておくものです。融資は民間金融機関と株式会社国際協力銀行との協調融資により行われ、民間金融機関の融資部分に対してはNEXIが貿易代金貸付保険を付保します。

2本輸出クレジットライン設定のためのヤピクレディとの一般協定は2012年11月19日に締結しています。

前のページへ戻る
ページの先頭へ