トピックス

米国/CO2回収・原油増進回収(CO2-EOR)プロジェクトに係る融資に対する保険の引受


2014年7月15日

独立行政法人 日本貿易保険(NEXI)

独立行政法人日本貿易保険(以下、「NEXI」)は、JX日鉱日石開発株式会社(以下、「JX開発」)が米国の大手電力会社NRG Energy, Inc.(以下、「NRG」)と共同で実施するCO2回収貯留及び原油増進回収(CO2-EOR)プロジェクト向け融資に対し、保険の引受を決定しました。

 

本プロジェクトは、NRG子会社がテキサス州で保有するW.A.パリッシュ石炭火力発電所に燃焼排出ガスからCO2を回収するプラントを建設し(注1)、同発電所の排ガスから回収したCO2を原油生産量が減退した同州メキシコ湾岸のWest Ranch油田に圧入することで原油の増進回収を図るものです。2016年第4四半期から同油田へのCO2の圧入を開始し、原油生産量を現在の日量約500バレルから同12,000バレル(期間平均)に飛躍的に高める計画です。

(注1)本プロジェクトのCO2回収プラントは、三菱重工業株式会社の米国事業会社である米国三菱重工業と米国の大手建設会社TIC(The Industrial Company)によるコンソーシアムが建設いたしますが、そのCO2回収能力は日量4,776トンで、世界最大となります。

 

JX開発とNRGが本プロジェクトのために各50%出資して設立したPetra Nova Parish Holdings LLCがプロジェクトファイナンスにより調達する資金について、株式会社国際協力銀行及び株式会社みずほ銀行が行う協調融資(総額250百万米ドル)のうち、みずほ銀行による融資(75百万米ドル)に対して、NEXIは保険を適用します。

 

また、本プロジェクトは、エネルギー増産のみならず、従来大気中に放出されていた年間約160万トンのCO2排出削減にも寄与し地球環境への負荷低減にも資する画期的なプロジェクトであり、CO2回収貯留事業を対象として地球環境保険特約(注2)を付して保険引受を行う第1号案件となります。

(注2)温室効果ガスの排出削減に資するプロジェクトとして、一定の要件を満たすものを対象に、非常リスクに係るてん補率を100%に引き上げて保険引受を行っています。

 

なお、本プロジェクトは、米国におけるクリーン・コール・パワー・イニシャチブ・プログラム(環境調和的な石炭利用技術の促進政策)のもと、米国エネルギー省による167百万米ドルの補助金対象プロジェクトとなっています。

 

NEXIは今後とも本邦企業の海外事業展開を積極的に支援していく方針です。また、温室効果ガス削減に資するプロジェクトを積極的に支援していきます。

 

(ご参考)
本邦金融機関 株式会社みずほ銀行
保険価額 75百万米ドル
保険責任期間 約12年

お問い合わせ先
営業第ニ部 Tel: 03-3512-7670

前のページへ戻る