トピックス

米国/Cameron LNGプロジェクト向け融資に対する資源エネルギー総合保険の引受
~本邦企業が参画する米国シェールガスLNGプロジェクトとして初のファイナンス組成を実現~


2014年8月 7日

独立行政法人 日本貿易保険(NEXI)

独立行政法人日本貿易保険(以下、「NEXI」)は、三井物産株式会社(以下、「三井物産」)、三菱商事株式会社(以下、「三菱商事」)及び日本郵船株式会社が、米大手エネルギー会社Sempra Energy(以下、「Sempra社」)及び仏大手エネルギー会社GDF Suez S.A.(以下、「GDFスエズ社」)と共同で出資するCameron LNG LLC(以下「Cameron社」)が実施するLNGプラントの建設・操業プロジェクト向け融資に対し、保険の引受を決定いたしました。

 

本プロジェクトは、米国ルイジアナ州ハックベリーにおいて、Cameron社が保有・運営するCameron LNG受入基地を転用し、新たに年間1,200万トンの液化能力(400万トン×3系列)を有する天然ガス液化設備を建設・操業するプロジェクトです。三菱商事、三井物産及びGDFスエズ社が、Cameron社とそれぞれ20年間にわたって年間400万トンの天然ガスを液化・輸出することができる液化サービス利用契約を締結しています。

 

本プロジェクト向けに、米国連邦エネルギー規制委員会(FERC)が本年6月に液化設備の建設・操業許可を発出、米国エネルギー省(DOE)による自由貿易協定非締結国(Non-FTA国)向けの最終輸出許可も近く発出が見込まれており、早ければ2018年にも本邦向けに米国産LNGが輸出される計画です。

 

本プロジェクトは、本邦企業が参画する米国シェールガスLNGプロジェクトとしてファイナンス組成が実現した第1号案件であり、NEXIにとっても米国LNGプロジェクト向け融資に対する保険引受を行う第1号案件となります。本プロジェクトは、我が国がこれまでアクセスできなかった米国産ガスの引取りを可能とするものであり、我が国の資源エネルギーの安定供給確保及び供給源の多角化に資することから、「資源エネルギー総合保険」を適用いたします。

 

NEXIは、Cameron社がプロジェクトファイナンスにより調達する協調融資(総額74億米ドル、米国時間2014年8月6日に契約締結。)のうち、株式会社三井住友銀行(エージェント行)、株式会社三菱東京UFJ銀行及び株式会社みずほ銀行等に加え、株式会社千葉銀行及び株式会社静岡銀行の地方銀行2行を含む民間金融機関(計15行)による融資(総額20億米ドル)に対して保険を適用します。融資に対する保険としては、豪イクシスLNG案件に次ぐ過去2番目に大きな引受保険価額になります。なお、本件には、株式会社国際協力銀行も融資を決定しています。

 

NEXIは、今後も我が国への資源の安定的な供給に資するプロジェクトについて、積極的に支援していきます。

 

(ご参考)

保険価額 20億米ドル
付保率 米国の非常危険100%及び信用危険97.5%
保険責任期間 約16年

 

お問い合わせ先
営業第ニ部 Tel: 03-3512-7670

前のページへ戻る
ページの先頭へ