トピックス

ガーナ/Kpone IPPプロジェクト向け投資案件に対する保険の引受


2014年12月16日

独立行政法人 日本貿易保険(NEXI)

独立行政法人日本貿易保険(NEXI)は、ガーナ/Kpone IPPプロジェクトに対する住友商事株式会社(以下「住友商事」)の同社保証付き劣後ローンについて、保険の引受を決定いたしました。

 

住友商事はガーナ地場の投資会社及び英国のインフラ開発ファンドとの間で、ガーナにおける340MW複合火力発電プラント建設プロジェクト(Kpone IPPプロジェクト)への参画のため、株式の一部を取得する契約を締結しました(※)。住友商事は同社の海外子会社を経由し、プロジェクト会社Cenpower Generation Company Ltd.(ガーナ)に投融資を行い、同社が親会社保証を差入れます。NEXIは住友商事の保証に対し保険の引受を行います。

 

(※) 総事業費は約900億円、そのうち住友商事は同社の海外子会社を通じて、新事業会社の株式の28%を取得しています。

 

電力需要が急増しているガーナにおいては、更なる電力供給安定を図るため、民間の発電所建設及び運営に大きな期待が寄せられています。本案件についてもプラント完工後はガーナ政府100%出資の配電公社Electricity Company of Ghanaに対し、売電契約に基づき20年にわたり売電が行われます。

 

本案件は住友商事としてアフリカ・サブサハラ地域初となる火力IPP事業への参画となります。同社は本案件を足がかりに、将来的にサブサハラ地域における電力プラントの建設・操業プロジェクトの可能性を検討する考えであり、発電所の保守・運営(O&M)を行う会社に対しても出資を予定しています。ガーナに進出しようとする本邦企業にとって、電力の安定供給は最大の懸念の一つであり、住友商事がO&Mを主導することで本邦企業の事業活動を支援することが可能になります。

 

本案件はNEXIにとって初のサブサハラ地域向けIPPプロジェクトへの投融資に対する保険引受になります。NEXIは今後も本プロジェクトのように、本邦企業の海外事業拡大に寄与するプロジェクトを積極的に支援してまいります。

 

(ご参考)
被保険者 住友商事株式会社
てん補範囲・付保率 非常危険95%
保険責任期間 23年

※IPP(独立系発電事業者):Independent Power Producer。発電だけを行って電力会社に卸売り販売をする独立系の事業者。一般的に新興勢力の独立系発電会社を指すことが多い。
(出典:電気事業連合会)

 

お問い合わせ先
営業第一部 Tel:03-3512-7668

前のページへ戻る
ページの先頭へ