トピックス

ミャンマー/タケタ50MWガス火力発電事業への投資案件(海外投資保険の引受)


2015年2月20日

独立行政法人 日本貿易保険(NEXI)

独立行政法人日本貿易保険(NEXI)は、ミャンマーにおける発電事業への三井物産株式会社(以下、「三井物産」)の出資に対する海外投資保険の引受を決定いたしました。


本プロジェクトは、三井物産がミャンマーで発電事業を行っている在シンガポールMyanmar Power Pte. Ltd.(以下、「MPPL」)の株式44%を取得し、出資参画したものです。MPPLはミャンマーに子会社MAXpower (Thaketa) Co., Ltd(以下、「MTCL」)を設立し、ヤンゴン市タケタ地区に発電容量50MWのガス火力発電所を建設、2013年8月より商業運転を開始しています。当発電所にて発電された電力は、MTCLとミャンマー電力公社が締結した30年間の長期販売契約に基づき、ミャンマー電力公社に販売されています。ミャンマーではさらなる経済成長には電力不足が課題となっていますが、本件は安定した電力供給に貢献することが期待されます。


NEXIは、今後も日本の公的金融機関として、本邦企業の事業拡大に寄与するプロジェクトを積極的に支援してまいります。

 

(ご参考)
保険種 海外投資保険
被保険者 三井物産株式会社
最終投資先 MAXpower (Thaketa) Co., Ltd(ミャンマー)

お問い合わせ先     営業第一部  Tel:03-3512-7668

前のページへ戻る