トピックス

アルゼンチン/CAGSA社向け長期運転資金貸付に対する保険引受について


2015年9月24日

独立行政法人 日本貿易保険(NEXI)

 独立行政法人日本貿易保険(NEXI)は、アルゼンチンの穀物企業CAGSA社(正式名称:Compañía Argentina de Granos S.A.)向け長期運転資金貸付に対して、保険の引受を決定致しました。

 本件は、アルゼンチン向けの中長期貸付案件です。昨年12月に4年振りに実施された第23回日亜経済合同委員会の中で、NEXIが先導してアルゼンチンのリスクを引受け、日系企業による同国への進出を後押しして欲しいというニーズが強く示された中、本件は、同国の主要産業である農業分野において実現する融資保険として、第1号の案件となります。

 CAGSA社は、我が国食料安全保障上の重要物資である大豆やとうもろこしの生産・集荷業等を営むアルゼンチン有数の穀物企業です。

 今次融資では、融資期間中、一定量の穀物を日本向けに輸出することや、緊急時に日本向け輸出を最大限考慮する努力義務を条件としており、我が国の食料安定調達に資する案件です。加えて、本件を通じて、丸紅株式会社とCAGSA社との間で年間40万トンの穀物・油糧種子取引を行うことを目指す覚書が締結されており、日系商社とCAGSA社の取引深化に貢献しています。

 なお、インフラシステム輸出戦略(経協インフラ戦略会議決定 平成27年度改訂版)において、「官民連携により、中南米等を対象に、大豆やトウモロコシ等の調達の取組の強化」が掲げられていますが、本件はこの戦略を具体的な実行につなげるものです。

 NEXIは今後とも我が国の食料安定調達に資する案件を積極的に支援していきます。


(ご参考)
本邦金融機関 アイエヌジーバンク エヌ・ヴイ 東京支店
保険価額 100百万米ドル
保険責任期間 5年

お問い合わせ先
  営業第ニ部 Tel: 03-3512-7670

前のページへ戻る
ページの先頭へ